logo 音楽家
English
日本語
メニュー

作曲や即興演奏に「音楽理論」は必要か?

2019年3月13日

「音楽理論の知識がないと作曲や即興演奏はできない」…こんなフレーズを耳にされたことがあるかもしれません。あるいはご自身で、音楽を生み出すのには音楽理論の勉強が必要だと思われているかもしれません。

作曲や即興演奏など、音楽を生み出すにあたって音楽理論の知識は必須でしょうか?今回はそれをご一緒に考えていきましょう。

音楽を生み出すのに「才能」は必要か?

2019年3月8日

「音楽の才能」…こんな言葉を、おそらくあなたも聞いたことがあると思います。

音楽を生み出すのに「才能」は必要でしょうか?今回はそれをご一緒に考えていきましょう。

「ニュートラル音楽院」開講します!

2018年9月28日

正解・間違い・上手い・下手・お手本・才能といった考え方をせずに、オリジナルの楽器や楽譜をデザインし、即興演奏(アドリブ)をして曲を作ることができるようになるインターネット上の音楽学校「ニュートラル音楽院」を来週10月1日、開校します。

続きを読む

絶対音感は本当に必要なのか?絶対音感を持つ音楽家目線でまとめてみた

2018年1月23日

そもそも絶対音感とは何でしょうか?絶対音感というのは、聞こえた音の高さを何とも比べずに認識できる感覚のことです。

お子さんをお持ちの方や、将来の子育てを考えておられる方の中ではしばしば話題になる「絶対音感」。そもそも本当に必要でしょうか?適度な絶対音感を持ち、音楽家として活動してきた筆者の目線から振り返ってみます。

続きを読む

音楽教育、それで大丈夫?

2017年7月15日

今も昔も多くの人が日々「音楽の授業」、つまり音楽教育を受けています。しかしなぜそのようなものが存在するのでしょうか。そして音楽教育をする目的と照らし合わせたとき、何がベストな方法なのでしょうか?今回はそれをご一緒に考えていきましょう。

ここでは音楽学校や音楽大学などで行われる専門教育ではなく、日本の幼稚園〜高校の一般教育の中で行われている音楽の授業について扱います。

続きを読む

音響的な視点からみた、騒音への7つの対処法

2016年4月15日

騒音に悩まされているとき、音楽でかき消すのもひとつの手ですが、逆にこちらが近所迷惑になったり自分が耳を痛めたり、集中の妨げになってしまう可能性があります。当事者どうしの話し合いや訴訟などではなく、音響的な視点からみた7つの方法をまとめました。

続きを読む

音楽をやるには「楽器」が必要か?

2016年4月14日

音楽を始めたい、あるいは始めさせたいと思っていらっしゃる方へ。楽器店に足を運ぶ前にまず一度立ち止まって考えてみましょう。「楽器」とは何でしょうか?

ここではできるだけ広い解釈をして、「楽器」とは「音楽を演奏するための道具」であるという前提で話を進めます。

続きを読む

そもそも「音楽」とは何か?

2016年4月10日

突然ですが、「音」を出してみてください。

出せましたか?では次に「音楽的に」音を出してみてください。

どんな違いがありましたか?その違いにこそ、今のあなたにとっての「音楽」が表れています。

続きを読む

著作権の新しいかたち、クリエイティブ・コモンズ

2016年1月31日

これまで、人が生み出した作品は著作権ですべて保護されているもの(コピーライト、いわゆる”All rights reserved”)と保護されていないもの(パブリックドメイン)に分けられていました。例えばあなたが曲を作ったとすると、私はその曲を無断で使用することができません。これがコピーライトです。

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #11 Riverside Community

2014年12月16日

ニュージーランド南島モトゥエカにあるエコビレッジ”Riverside Community”にお邪魔してきました。先日お邪魔したAtamai Villageから車で5分ほどの距離で、同じように市街地からも程近い場所にあります。

公式サイトはこちら。
https://www.riverside.org.nz/

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #10 あいむほーむ

2014年12月15日

ニュージーランド南島モトゥエカにある日本人夫婦経営の宿、有機生活庵「あいむほーむ」にお邪魔してきました。

公式サイトはこちら。
http://slowliving.nz/

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

2014年12月13日

ニュージーランド南島タカカにあるエコビレッジ”Rainbow Valley Community”にお邪魔してきました。先日ご案内したモトゥエカのAtamai Villageから車で1時間半ほどの距離で、こちらはうってかわって山奥の谷あいに広がるコミュニティ。

公式サイトはこちら。
http://www.rainbowcommunity.org.nz/

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #8 Atamai Village


ニュージーランド南島モトゥエカにあるエコビレッジ”Atamai Village”にお邪魔してきました。モトゥエカは南島の北端に位置し、国内一の日照時間を誇るネルソンの隣町です。このネルソン周辺にはエコビレッジなどサスティナブルな施設が集中しており、何かしらの理由があるのかもしれません。

公式サイトはこちら。
http://www.atamaivillage.nz/

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #7 Delhi Village

2014年8月13日

8月3日、ニュージーランド北島ワンガヌイにあるエコビレッジ”Delhi Village”に行ってきました。

公式サイトはこちら。
http://www.delhivillage.org.nz

ワンガヌイは人口4万人ほどの街で、このDelhi Villageはちょうどその中心部から10分ほどの、緑の丘に囲まれた住宅街の外れに位置しています。エコビレッジ系コミュニティの中では珍しく看板がないので最初は迷うかもしれませんが、住所(66 Delhi Avenue, Whanganui)どおりに行き、坂道を登って正面に羊のいる緑の丘が見えればそこがDelhi Villageです。

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #6 Korito Pod


先月始め、ニュージーランド北島タラナキ山の麓にある貸し別荘”Korito Pod”に行ってきました。

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #5 リック&リズ宅

2014年5月6日

Solscape Eco Retreatで一夜を過ごした翌日5月3日、Raglanの友人リック&リズの自宅兼パーマカルチャーガーデンへお邪魔してきました。

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #4 Solscape

2014年5月4日

2014年5月2日、ニュージーランド北島・オークランドから南に約100kmのRaglanにあるエコフレンドリーなキャンプ場”Solscape Eco Retreat”へ行ってきました。

公式サイトはこちら。
http://www.solscape.co.nz/

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #3 Earthsong Eco Neighbourhood

2014年2月25日

2014年2月22日、ニュージーランド北島・オークランド郊外のラヌイにある都市型エコビレッジ”Earthsong Eco-Neighbourhood”へ行ってきました。

公式サイトはこちら。
http://www.earthsong.org.nz/

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #2 Otamatea Eco Village

2014年2月24日

2014年2月9日、ニュージーランド北島ノースランドにあるエコビレッジ”Otamatea Eco Village”に行ってきました。

公式サイトはこちら。
http://www.otamatea.org.nz/

続きを読む

パーマカルチャー探訪記 #1 Wilderland

2014年2月23日

2014年2月8日、ニュージーランド北島コロマンデル半島のエコビレッジ”Wilderland”に行ってきました。

公式サイトはこちら。
http://wilderland.org.nz/wpress/

続きを読む

筆者プロフィール
profile

小山和音
こやま・かずね

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (8)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • そもそも「音楽」とは何か?

  • 音響的な視点からみた、騒音への7つの対処法

  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • 音楽教育、それで大丈夫?

  • 絶対音感は本当に必要なのか?絶対音感を持つ音楽家目線でまとめてみた