logo 音楽家
English
日本語
メニュー

きれいな音を出すにはどうしたらよいでしょうか?

2021年5月16日

このようなご相談をいただくことがあるので、Q&Aのひとつとして公開します。少しでも参考にしていただければ幸いです。

きれいな音を出すにはどうしたらよいでしょうか?

続きを読む

リモート時代の今、音楽を仕事にするにはどうしたらよいでしょうか?

2021年5月15日

このようなご相談をいただくことがあるので、Q&Aのひとつとして公開します。少しでも参考にしていただければ幸いです。

音楽の仕事をしたいと思っています。
どうすれば周りから音楽家と認められて、仕事の依頼がくるようになるでしょうか。
あるいは自分で仕事を作るべきでしょうか。

続きを読む

病気・障がいを持っていてうまく演奏できません。どうしたらよいでしょうか?


このようなご相談をいただくことがあるので、Q&Aのひとつとして公開します。少しでも参考にしていただければ幸いです。

病気・障がいを持っていて、うまく演奏できません。
音楽の先生からはとにかく練習するように言われています。
どうしたらよいでしょうか?

続きを読む

音楽に「勉強」は必要か?

2021年4月18日

音楽には、商品としての音楽と、そうでない純粋な音楽があります。

音楽学校や音楽大学では特にこの二つがごちゃ混ぜになっているのて、商品として音楽を売りたい訳ではないのに不要な知識やテクニックを植え付けられてしまう、ということがよく起こります。そうすると、その人の持ち味が消えていってしまいます。

続きを読む

「リズム感」は必要か?

2021年4月17日

これは、「私はリズム感がないので音楽は無理」「こどもにちゃんとしたリズム感を身につけさせたい」という方へぜひお読みいただきたい記事です。

部屋の外から「ドン」という音が聞こえたとしましょう。

続きを読む

作曲や即興演奏に「音楽理論」は必要か?

2019年3月13日

「音楽理論を勉強しないと作曲や即興演奏はできない」…でしょうか?今回はそれをご一緒に考えていきましょう。

続きを読む

音楽をつくるのに「才能」は必要か?

2019年3月8日

音楽を生み出すのに「才能」は必要でしょうか?今回はそれをご一緒に考えていきましょう。

続きを読む

「ニュートラル音楽院」開講します!

2018年9月28日

正解・間違い・上手い・下手・お手本・才能といった考え方をせずに、オリジナルの楽器や楽譜をデザインし、即興演奏(アドリブ)をして曲を作ることができるようになるインターネット上の音楽学校「ニュートラル音楽院」を来週10月1日、開校します。

続きを読む

絶対音感は本当に必要なのか?絶対音感を持つ音楽家目線でまとめてみた

2018年1月23日

聞こえた音の高さを何とも比べずに認識できる感覚を「絶対音感」と呼びます。

お子さんをお持ちの方や、将来の子育てを考えておられる方の中ではしばしば話題になる「絶対音感」ですが、そもそも本当に必要でしょうか?適度な絶対音感を持ち、音楽家として活動してきた筆者の目線から振り返ってみます。

続きを読む

音楽教育、それで大丈夫?

2017年7月15日

私たちはなぜ音楽教育を受けるのでしょうか?

そして音楽教育の目的を考えたとき、その目的を果たすためにいちばんよい方法は何でしょうか?今回はそれをご一緒に考えていきましょう。

ここでは音楽学校や音楽大学などで行われる専門教育ではなく、日本の幼稚園〜高校の一般教育の中で行われている音楽の授業について扱います。

続きを読む

音響的な視点からみた、騒音への7つの対処法

2016年4月15日

騒音に悩まされているとき、音楽でかき消すのもひとつの手ですが、逆にこちらが近所迷惑になったり自分が耳を痛めたり、集中の妨げになってしまう可能性があります。当事者どうしの話し合いや訴訟などではなく、音響的な視点からみた7つの方法をまとめました。

続きを読む

音楽をやるには「楽器」が必要か?

2016年4月14日

音楽を始めたい(始めさせたい)ので、まずは楽器を買わないと、と思っていらっしゃる方へ。まず一度落ち着いて考えてみましょう。「楽器」とは何でしょうか?

おそらくほとんどの方は「音楽を演奏するための道具」と考えておられると思います。

私も同じ考えなので、そういう前提で少し話を進めてみましょう。

続きを読む

そもそも「音楽」とは何か?

2016年4月10日

突然ですが、「音」を出してみてください。

次に「音楽的に」音を出してみてください。

どんな違いがありましたか?ここに、今のあなたにとっての「音楽」が表れています。

続きを読む

著作権の新しいかたち、クリエイティブ・コモンズ

2016年1月31日

これまで、人が生み出した作品は著作権ですべて保護されているもの(コピーライト、いわゆる”All rights reserved”)と保護されていないもの(パブリックドメイン)に分けられていました。例えばあなたが曲を作ったとすると、私はその曲を無断で使用することができません。これがコピーライトです。

続きを読む

音の聴き方 〜「音さんぽ」の現場から〜

2013年11月28日

音の聴き方。おかしな言葉です。
しかし、この言葉に意義が生まれるほどにまで、音は環境から分離されてきました。24時間365日聞こえているのに、「音」を私たちが意識することはなかなかありません。

続きを読む

10/20 音さんぽ@沖縄

2013年9月28日

10月20日(日)、耳をすませて街や自然の中を歩く「音さんぽ」を沖縄県南城市にて開催します。

私たちの周りにあふれている「音」に耳を傾けてみたことはありますか?ふだん気にもとめないようなところで耳をすませ、その場所にしかない「音」を探す小さな旅に出てみませんか。今回の舞台は沖縄本島の南部に位置する南城市にある、沖縄(琉球)の祖先神アマミキヨと言われる女神が降り立ったとされる、ヤハラヅカサ。

続きを読む

11/25-12/1 呼吸する都市@別府


11月25日 – 12月1日、大分県別府市にて、夜景を”聴く”プロジェクト「呼吸する都市」を展開します。

このプロジェクトは、別府の夜景を住民の手で点滅させ、それを音として聴くものです。12月1日の午後7時、別府タワーに面した部屋の灯りを一旦消し、10秒後にまた点けることで、別府タワーの展望室に設置されたカメラがそれを認識し、詠眸(うたいめ)というシステムがそれを音に変換します。その音を聴いたり、消えていく夜景を見るには専用のUstreamチャンネルをご覧ください。別府タワーの展望室に足を運んでくだされば、実際に動いているシステムとともに、消えていく夜景・ふたたび灯りはじめる夜景を見ることができます。

続きを読む

9/21(土) 音さんぽ@大分

2013年9月6日

9月21日(土)、耳をすませて街や自然の中を歩く「音さんぽ」を大分県豊後高田市・長崎鼻にて開催します。

風の吹く音や波の音、虫や鳥の声など、日々長崎鼻にながれる「音」に意識を向けながらアーティストと共に長崎鼻を「音さんぽ」。いつもは気づかないような音が聞こえてきたり、場所によって音の聞こえ方が違ったり、「音」を探しながら長崎鼻の風景やアートを感じる小さな旅に出かけてみませんか?

続きを読む

9/15(日) 音さんぽ@鹿児島

2013年8月23日

9月15日(日)、耳をすませて街や自然の中を歩く「音さんぽ」を鹿児島市にて開催します。

私たちの周りにあふれている「音」に耳を傾けてみたことはありますか?ふだん気にもとめないようなところで耳をすませ、その場所にしかない「音」を探す小さな旅に出てみませんか。今回の舞台は鹿児島市の市街地。

続きを読む

9/22(日) 音さんぽ@佐賀

2013年8月16日

9月22日(日)、耳をすませて街や自然の中を歩く「音さんぽ」を佐賀県佐賀市にて開催します。

私たちの周りにあふれている「音」に耳を傾けてみたことはありますか?ふだん気にもとめないようなところで耳をすませ、その場所にしかない「音」を探す小さな旅に出てみませんか。

今回の舞台は佐賀市の市街地。

続きを読む

筆者プロフィール
profile

小山和音
こやま・かずね

■音楽教育の新しいかたち作り(創造性と個性を最優先に、音楽を教えず、評価せず、楽器や楽譜を自分でデザインしてゼロから音楽をつくるオンラインの音楽教室)■音の生まれるしくみ作り(周囲の条件に反応して音楽や音声をリアルタイムに生み出すシステム開発)お仕事のご依頼はお問い合わせフォームから。

詳しいプロフィールはこちら

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • エッセイ (10)
  • Q&A (3)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • そもそも「音楽」とは何か?

  • 音響的な視点からみた、騒音への7つの対処法

  • 音楽教育、それで大丈夫?

  • 絶対音感は本当に必要なのか?絶対音感を持つ音楽家目線でまとめてみた

  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選