logo 音楽家
English
日本語
メニュー

パーマカルチャー探訪記 #11 Riverside Community

2014年12月16日

ニュージーランド南島モトゥエカにあるエコビレッジ”Riverside Community”にお邪魔してきました。先日お邪魔したAtamai Villageから車で5分ほどの距離で、同じように市街地からも程近い場所にあります。

公式サイトはこちら。
https://www.riverside.org.nz/

場所はこちら。

See full screen

IMGP6107
このRiverside Communityはなんと73年の歴史を持つ、ニュージーランド最古のインテンショナルコミュニティ(いわゆるエコビレッジなども含む、広い意味での呼び方)。1941年、平和主義のクリスチャンのグループがCo-operation(協力、助け合い)をもとにした暮らし方を求めてコミュニティを形成しはじめたのが発端ということです。

IMGP6124
208ha(513エーカー)の土地に34人が住み、70年以上経った現在では宗教とは無関係のコミュニティになり、牧場、カフェ、売店、レストラン、有機農園、果樹園、ホステル(宿泊施設)、イベント会場などを運営しています。

お客さん向けのホステル(宿泊施設)は、シングルルームNZ$22/泊($130/週)、ダブルルームNZ$34/泊($210/週)、キャンプ場NZ$12/泊($70/週)。

IMGP6116
Riverside Communityの目指すところは、平和に対して何ができるか、そしてサスティナブルで循環的なアイディアを実践に移す場であることだそうですが、リーダーは存在せず、協力的・循環的に作業をし、週1回のミーティングでコミュニティ全体としての意思決定をしています。

IMGP6118
このコミュニティの住人は家庭の規模に応じて毎週生活費が支給され、家や車などすべての財産は個人所有ではなくトラスト(受託団体)が所有しているほか、住人はここの農場や農園の肉、牛乳、野菜、果物などを自分たちで賄っています。

IMGP6119
それぞれの住人が住む家に加えて貸家もあり、収容人数はおよそ100人。ホームスクーリングの子どももいれば地元の学校へ通う子どももいます。

IMGP6122
年間を通して季節ごとに祭りや祝い事があるほか、毎週水曜日の昼12:30からコミュニティ内外の人を交えてのコミュニティランチが開かれいて、住人たちと顔を合わせられる良い機会となっています。

ここも新しい住人を受け入れており、まずは住人たちがミーティングで話し合えるように、自分自身について、そしてここに移住したい理由を送ってください、とのことです。受け入れの候補になった方は、他の住人と話したり、一緒に作業をしたりするために2週間までの期間内で実際にRiverside Communityに招待されます。

もし興味を持たれた方は、まず水曜日のコミュニティランチなどに顔を出してみてはいかがでしょうか。

Riverside Community
289 Main Road Lower Moutere R.D.2 Upper Moutere
Nelson 7175
New Zealand
https://www.riverside.org.nz/

記事をシェアする

関連記事

筆者プロフィール
profile

小山和音(こやま・かずね)

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (5)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

  • 騒音への6つの対処法

  • 南極・北極科学館オーロラシアターBGM担当

  • 音楽教育、それで大丈夫?