logo 音楽家
English
日本語
メニュー

パーマカルチャー探訪記 #8 Atamai Village

2014年12月13日

ニュージーランド南島モトゥエカにあるエコビレッジ”Atamai Village”にお邪魔してきました。モトゥエカは南島の北端に位置し、国内一の日照時間を誇るネルソンの隣町です。このネルソン周辺にはエコビレッジなどサスティナブルな施設が集中しており、何かしらの理由があるのかもしれません。

公式サイトはこちら。
http://www.atamaivillage.nz/

Atamai Villageはモトゥエカの中心地から車で10分ほど。僻地ではなく携帯の電波も届き、標高も市街地と同じくらいです。

場所はこちら。

See full screen

IMGP6011
今回お話を伺ったのはこちらに3年住まわれているSharonさん。ここは、エコビレッジというと連想しがちなヒッピーとは違った新しいコンセプトのもと、パーマカルチャーの概念をベースに、2006年に果樹園の造成からスタートしたコミュニティ。

IMGP6001
2014年12月現在、80ha(200エーカー)の広大な土地に50ほどの区画があり、そのうち数区画(家の数は10軒)には3〜70歳の25人が暮らしています。そのほかの区画は現在売りに出ています。1軒だけ貸家がありますが現在は埋まっているようです。将来的にこの土地がすべて購入され、全区画に人が住んだ場合、住人はおよそ200人になるそうです。車を使わなくてもビレッジ内の移動ができるように自転車道の整備もされています。

IMGP5992
これらの区画のうちいくつかは電線が行き届き、オフグリッド(電線から電気をもらわずに独立して発電する)にするかどうかは選べるそう。ほとんどの家はソーラーパネルで自家発電し、ほかに大量の電気がほしい場合は発電機も使っています。

IMGP5999
起伏のある土地の中心には住人全員が集まれるコミュニティセンターを建設中。月に2回、住人のミーティングを行っているそうです。

IMGP6006
ビレッジ内にはぶどう畑もあり、日本人夫婦がワインをプロデュースしたことでも知られています。詳細はこちら。

IMGP5994
個人的にこのAtamai Villageは、北島カイワカのOtamatea Villageに近い印象を受けました。どちらも典型的・伝統的な雰囲気のコミュニティではなく、ニュージーランドの新興住宅地にある家々に近い見た目をしており、太陽の光をたっぷり受ける開放的な土地の上に作られています。

IMGP6015
やはりここも歴史的に完成されたコミュニティではなく、40あまりの区画を売りに出して構築中の「分譲エコビレッジ」であるため、新しく住人になるとしても、何十年も続くコミュニティよりはハードルは低い印象を受けました。

Atamai Village
19 Mytton Heights
Motueka, 7196
New Zealand
http://www.atamaivillage.nz/

記事をシェアする

関連記事

筆者プロフィール
profile

小山和音(こやま・かずね)

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (5)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

  • 騒音への6つの対処法

  • 南極・北極科学館オーロラシアターBGM担当

  • 音楽教育、それで大丈夫?