logo 音楽家
English
日本語
メニュー

パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

2014年12月13日

ニュージーランド南島タカカにあるエコビレッジ”Rainbow Valley Community”にお邪魔してきました。先日ご案内したモトゥエカのAtamai Villageから車で1時間半ほどの距離で、こちらはうってかわって山奥の谷あいに広がるコミュニティ。

公式サイトはこちら。
http://www.rainbowcommunity.org.nz/

場所はこちら。

See full screen

ステートハイウェイ60号線からLong Plain Rdに入り、数分進んだ先に右手にあるMcCallum Rdを15分ほど奥へ進むと分岐点に「Rainbow→」と書かれた看板があるのでそこを右へ入ると到着です。携帯の電波は届きませんが、各家にインターネットは来ています。

IMGP6070
今回はこちらに長くお住まいのRobert&Anne夫妻にお話を伺いました。

IMGP6044
1974年にスタートし、100ha(250エーカー)の土地に23人が住んでいます。ほとんどの住人は55歳以上という高齢コミュニティ。うち10人はこのコミュニティを管理する責任者としてここに定住し、残りは家を借りるか、キャンピングカーなどのモバイルハウスで暮らしています。陶工、彫刻家、教師、カウンセラー、医師、電気技師、農家など職種もさまざま。食事は基本的に住人各自でとりますが、気が向いたときには集まって食事をすることもあるそうです。毎月各家庭からはコミュニティの運営費が支払われています。

IMGP6041
ここの冬は適度に寒く夏はそれなりに暑いものの、風はあまり吹かないそうです。

IMGP6040
共同で管理するオーガニックの農場から牛乳や牛肉をまかない、新しい考え方を取り入れることにも積極的だそう。住人によっては馬や鶏、ヤギ、豚などを飼っているところもあります。

IMGP6072
材木・薪・果物・木の実をとるための植林や、市場規模でじゃがいも・玉ねぎの栽培も進行中。写真は夫妻にいただいた食材。すべてこのビレッジ産です。

IMGP6062
ビレッジ内には、水力発電機を構える家庭も。

IMGP6039
ここにはゲスト用の宿泊施設(バックパッカーズ)があり、世界各国からお客さんが訪れます。2014年末現在、一泊の料金はシングルルームNZ$25/人、ダブルルームNZ$55/2人(1人で利用する場合は$46)、こどもNZ$10。その他、住むための貸家が4軒(共同で管理されている貸家が2軒+個人所有の貸家が2軒)あります。

ここも新しい住人の受け入れはしているそうで、すべてはこの土地に住みたいという情熱次第だということです。

Rainbow Valley Community
McCallum Road
Takaka R.D.1
Golden Bay
New Zealand
http://www.rainbowcommunity.org.nz/

記事をシェアする

関連記事

筆者プロフィール
profile

小山和音(こやま・かずね)

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (5)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

  • 騒音への6つの対処法

  • 南極・北極科学館オーロラシアターBGM担当

  • 音楽教育、それで大丈夫?