logo 音楽家
English
日本語
メニュー

そもそも「音楽」とは何か?

2016年4月10日

音楽って何?と聞かれたら、何と答えますか?

まずは、下の4つを聴いてみてください。これはただの「音」ですか、それとも「音楽」ですか?

実際にこれをワークショップで参加者に尋ねてみると、面白いことが起こります。1つ目は全員が「音楽」、ところが2〜4つ目は、かなりの確率で「音だ」という人と「音楽だ」という人に分かれます。ここからわかることは、「音」と「音楽」の境界線は、人によって違うということです。

質問に戻りましょう。 音楽って何?と聞かれたら、何と答えますか?

正解はありません。

「リズム」や「メロディー」のことを思い浮かべた方もおられるかもしれません。確かにそういったものが音楽の要素であると書かれたものもありますが、それはヨーロッパをルーツとする「西洋音楽」的な音楽の捉え方であって、全人類共通の概念ではありません。

「音楽」というのはとてもつかみどころのない概念で、「音」と「音楽」の境界線は人によって違う、つまり「音楽」の定義は人の数だけ存在し、誰もあなたの答えを否定する意味はなく、逆にあなたも誰かの答えを否定する意味はありません。したがってあなたの答えが、あなたにとっての「音楽」です。「音楽」は、そもそも人間がまとめ上げた概念で、人類の大部分がその影響を受け、それに従うようになった以上、そこにあるように見えるルールや優劣、正解や不正解、タブー、暗黙の了解といったものも同様に、人間が作り出したものに過ぎません。

ジョン・ケージという人の作品に「4分33秒」というものがあります。これは、ステージに置かれたピアノの前に演奏者が座ったまま4分33秒間何もせず、このとき聞こえてくる観客のざわめきや咳、くしゃみ、そしてその会場の環境音すべてが「音楽」であるという作品です。つまりこれがジョン・ケージさんにとっての「音楽」です。

ちなみに私はどう考えているかというと、

「音楽」=人間が概念づけた音の組み合わせ

です。

「組み合わせ」というのは「音」と「音以外の部分」という意味ですが、これはつまり「音」だけでなく「音以外の部分(音がない部分)」も音楽の一部であるという捉え方です。

あなたにとって、「音楽」とは何ですか?

記事をシェアする

関連記事

筆者プロフィール
profile

小山和音(こやま・かずね)

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (5)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

  • 騒音への6つの対処法

  • 南極・北極科学館オーロラシアターBGM担当

  • 音楽教育、それで大丈夫?