TRANGIS

Trainer for Disaster Warning Announcement

C112 Available
macos macOS 10.7 or later
macos Windows 7 or later

This is a software aimed at training disaster warning announcement which reproduces what listeners (people evacuating) actually hear by simulating speaker properties, decay, reflection, ambience, and being indoors.

There are disaster warning systems for each local area in Japan, which does not really reach the inhabitants sometimes because of being far away from the speaker, being indoors, lots of reflections caused by buildings and mountains, and some noise such as rain or construction works. But it is known that changing the way the announcer speaks will improve conveying more accurate information and save more lives from disaster. To make it possible, the first thing is to know how the inhabitants actually hear the announcer's voice, which the simulator is aiming for.

This system is based on the PureData patch published in the following documents, requested from Kanazawa Institute of Technology. (Japanese)

○土田義郎:防災放送の訓練システムに関する基礎的検討,日本建築学会大会 学術講演会梗概集,VOL.防火,435-436, 2013/08/30.

○土田義郎:超巨大災害発生時の避難勧告・指示の効果的情報伝達対策,シンポジウム「南海トラフ巨大災害の防災対策について」,金沢工業大学地域防災環境科学研究所,32-33,2014/09/27.

TRANGIS

防災放送訓練システム

C112 提供中
macos macOS 10.7以降
macos Windows 7以降

防災放送の訓練をするためのソフトウェアです。防災放送スピーカーから出た自分の声が実際に何キロも離れた場所でどう聞こえているかを、聞き手(避難者)の立場でシミュレートします。

聴き手が遠くにいるほど音が弱まったり、室内にいたり雨が降っていれば聞こえにくかったり、周りに建物や山が多いとそれで跳ね返ってくる音が邪魔したりと、音で人に危険を伝えるのも簡単ではありません。中でも一番の問題は実際にどんな音で届いているのかわからないので改善しようがない、ということです。そこでこの訓練システムを使ってアナウンサーが喋り方を工夫することで、より多くの人に正確な情報を伝えることができるようになります。

2016年3月9日 日本音響学会2016年春季研究発表会 スペシャルセッション災害等/騒音振動/建築音響/電気音響/聴覚/音バリアフリー [災害等非常時屋外拡声システムに関する最近の研究動向] 発話音声分析 1-9-16 防災放送のアナウンス訓練システムの実用化◯土田義郎(金沢工大) において発表されました。

本システムは金沢工業大学様のご依頼により、下記の文献において発表されたPureDataシステムをベースにさらなる利便性の向上をねらって開発したものです。

○土田義郎:防災放送の訓練システムに関する基礎的検討,日本建築学会大会 学術講演会梗概集,VOL.防火,435-436, 2013/08/30.

○土田義郎:超巨大災害発生時の避難勧告・指示の効果的情報伝達対策,シンポジウム「南海トラフ巨大災害の防災対策について」,金沢工業大学地域防災環境科学研究所,32-33,2014/09/27.