Invent Music™

A Workshop to Discover Music Inside You

Available Worldwide This material is Open Content

Interested in music? Invent Music is a totally unique way to get along with music - a workshop to invent your own musical instrument, score, and song without any musical knowledge and skills.

Anyone can make sound. But when it comes to music, we tend to think we should buy a musical instrumnet, learn how to play it, how to read music sheet, how to make music, and play it obeying music theory.

Why? One of the reasons is that we tend to categorise ourselves into anything such as “musicians”, “listeners”, “professional”, “amateur”, “good”, “bad”, “right”, or “wrong”. But, that only matters in existing styles of music such as jazz or rock, and from a point of view of “neutral” music which doesn’t belong to any music, anything such as "right", "wrong", "good", "bad", "professional", "amateur", or music theory don't exist.

Existing music could already be inside you. Invent Music is a way to forget about the music you know and find the music that is originally yours.

This is a simplified version of Neutral Music Academy.

音楽をつくる™

あなたの本当の音楽に出会うワークショップ

開催可 国際対応 This material is Open Content

音楽に興味をお持ちですか?この「音楽をつくる」は、あなたが音楽と仲良くなるための非常にユニークな方法───音楽の知識や技術なしに、自分のアイデアでゼロから楽器を作り、その場でしか通じない楽譜をゼロから作り、それらを使ってゼロから曲を創りあげるワークショップです。

音は誰にでも出すことができます。ところがそれが音楽となった瞬間、まず楽器を買って、その弾き方や楽譜の読み方、曲の作り方などを習い、音楽理論に沿った演奏をしないといけないと考えがちです。

なぜでしょうか?その大きな原因の一つに、世の中の音楽が「音楽家」「聴き手」「プロ」「アマチュア」「上手い」「下手」「正しい」「間違い」という分類や評価によって形式化されているということがあります。しかしそれはあくまでもジャズやロックなど「かたちのある音楽」の中での話であって、そのような枠組みの中にはない「音楽」つまり「かたちのない(無形)音楽」という世界には正解も間違いも、上手いも下手も、プロもアマチュアも、学ぶべき音楽理論も最初から存在しません。

世の中の音楽があなたの中に眠っている音楽を上から押さえつけているとしたら、それを取り除いてあげたとき、初めてあなたが本来持っていた音楽に出会えるかもしれません。そのお手伝いをするのが、この「音楽をつくる」です。

この「音楽をつくる」は無形音楽学校を3時間に凝縮した簡易版です。

Upcoming

開催予定

There is no upcoming lecture. Feel free to send me your request.
現在、開催予定はありません。ご依頼を受けての開催も承っております。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。

What You Do

Part One

30 min

Forget All, Have a Think Again

- Think What is "music"?
- Think What is to "perform"?
- Think What are "musical instruments"?
- Think What are "songs"?
- Think What do you need for "song" at a minimum?
- Work Make a "sound" / Make a sound "musically"
- Think Do you think this is "sound" or "music"?
- Think Your tool to cross the border between "sound" and "music"

Part Two

30 min

Design & Make Your Own "Musical Instrument"

- Learn how to make sounds
   (from the physical perspective)
- Work Design & Make Your Own "musical instrument"
   (cut & paste, put them together, whatever you want)
- Work Name the "musical instrument"
   What's the name of your instrument?
- Work Make some sounds

Part Three

30 min+

Make a "Song"

- Work Discuss and invent your own "score"
   (just forget a "five-line staff")
- Work Make a "song" together
   (with your own "score" and "instrument")
- Work Concert
   (share what you have just made)

Part Four

15 min+

Sharing

当日の流れ

第1部

30分

すべて忘れて、考えなおす

考える 「音楽」って?
考える 「演奏」って?
考える 「楽器」って?
考える 「曲」って?
考える 何が「音」を「音楽」に変えるんだろう?
実践 「音」を出す/「音楽的に」音を出す
考える これは、あなたにとって「音」?「音楽」?
考える その境界線を超えるために必要なもの

第2部

30分+

自分の「楽器」をつくってみよう

・どうしたら音が出るのか、知る
   (物理的な視点から「音」の出し方を学びます)
実践 自分の「楽器」を作ってみる
   (切ったり貼ったり組み合わせたり、気の赴くままに)
実践 自分の「楽器」に名付ける
実践 自由に音を出してみる

第3部

30分+

「曲」をつくってみよう

実践 ここでしか通じない「楽譜」を作ってみる
   (「五線譜」は忘れましょう)
実践 「曲」をつくる
   (みなさんで考えた「楽譜」「楽器」を使って)
実践 発表会
   (できた「曲」を披露します)

第4部

15分+

ふりかえり

Who it is For

Anyone above 4 years old who are interested in music.

For example, those who haven't started learning music even though they are interested in, those who considering music education for your child(ren), those who gave up learning how to play musical instruments before. It's is for anyone who wants to be actively involved in music whether you are a “musician” or not. You don’t need any skills or experience in existing music at all. Don’t worry, you can make sound that you feel music with zero knowledge.

こんな方に

音楽に興味をお持ちで、4歳以上であればどなたでも。

例えば、今まで音楽に興味はあったけど踏み出せなかった方、お子さんの教育に音楽を取り入れたい方、以前楽器を習っていたがやめてしまった方など。今まで「音楽家」だった人もそうでなかった人も、能動的に音楽に関わりたいと思う気持ちさえあれば、あらゆる人が参加できるコンセプトです。世の中で「音楽」とされているものの知識や経験は一切必要ありません。ご心配なく、それでも「音楽」だと感じられる音を出すことができます。

What it is For

The purpose of Invent Music is to awaken potential of music inside every single person that does not belong to any existing style of music (“neutral music”), which Neutral Music Concept aims at.

目的

あなたの中にある世界中のどの音楽にも属さない「かたちのない音楽(無形音楽)」に出会う、という無形音楽コンセプトに基づいたワークショップです。

What to Bring

Things to make sound (other than "instruments" which you are okay to share with others)

持ち物

音が出るもの(「楽器」以外で、他の参加者が使っても問題のないもの)

What People Say

いただいたご感想

楽しかったです。音楽をかたく思っていたのを、はずしてもらった感じで、自由なんだーと思いニッコリしました。毎日の生活で楽しみが増えました。

— 14 Jul 2012 Nagoya, Japan
— 2012/7/14 新栄(名古屋市)
音楽には遠い生活をしている中で、こうして様々なモノを使って音をつくりだして、人といっしょに音を楽しむという体験は本当に楽しかったです。いつのまにか自分が笑顔になっていて、とても素敵な気持ちとなりました。

— 27 Oct 2013 Fukuoka, Japan
— 2013/10/27 糸島(福岡県)
自分の好きな時に好きな音を出すのがこんなにも楽しいんだなぁと思いました。「音楽」を作ろうとなった2回目の録音の時に、参加者一人一人がお互いの音を聴くことに意識が向かっていて、その感覚が重なった時に、皆で合奏している感じがして、とても楽しかったです。

— 14 Jul 2012 Nagoya, Japan
— 2012/7/14 新栄(名古屋市)
森の中にいるみたい。動物の鳴き声。目を閉じていると音の遠近感がより強く感じられた。「リズム」を知って、明らかに「音楽」ができたと思う。「自分も参加したい」という思いが強くなった。

— 6 May 2012 Osaka, Japan
— 2012/5/6 九条(大阪市)
5分間の音出しの時、最初は自分が思うようにだらだら音を出していたけど、しだいに周りの音を聞くようになって、それに合わせるように音を出している時があった。大きな音で、リズムのある音があったから、それにひっぱられてる感もあって、そう感じたら、また自分だけのリズムになった。→集団での人とのつきあい方も似てるかも?はじめは自分楽しもう!と場に参加して話をするけど、しだいに色んな人の話をきいて、へーって思って、でもそこで終わるんじゃなくて、自分の感じたこととかをまた話し出す。そんな感覚と似ているような気がした。どこで人の音をきくか、自分の音を出すか、帰るか、そういったタイミングの違いがそれぞれあっておもしろいと思った。

— 23 Jun 2012 Tokyo, Japan
— 2012/6/23 永福町(東京都)
Very interesting. I always thought I can't play music even though I've always wanted to.

— 12 Dec 2014 Wellington, New Zealand
— 2014/12/12 ウェリントン(ニュージーランド)

I Can Organise It For You

I accept offers from anywhere in the world as far as I can handle my schedule and fee. It's also possible to alter the contents for special occasions such as educational or therapy programs. Check out the following requirement and feel free to ask me.

Language

English / Japanese
(no interpreter needed)

Duration

2 hours
(Can be shortened or split)

Capacity

4 people - No upper limit

Ages Admitted

4 years old and over

Equipments Needed

- Quiet room
- Screen (or white wall, white board etc.)
- Sockets (consuming approx. 400W)
- Chairs
- AC (mid summer or winter, depending on climate)

Staffs Needed

- Receptionist
- Cameraperson (photo)
- Cameraperson (video)
* These don't always have to be separated.

Fees

Rough standard (EUR): €90,-* or higher
Rough standard (JPY): ¥9,000* or higher

* With participants below 10 and a staff, on "pay what you want" basis above the fee. Could be higher depending on venue fees and travel expenses to the venue.

Payment Methods

Credit Card (PayPal)

PayPal Acceptance Mark
If you pay with your credit card through PayPal, it would be done within just a few minutes following steps on a PayPal invoice that I send you by email. I will never know your sensitive financial details.

Bank Transfer
If you pay with bank transfer, you could make a payment into a bank account mentioned in an email I send you.

Cash
If you pay in cash, you could hand it to me on the day of the workshop in local currency, EUR(Euro), or JPY(Japanese Yen).

ご依頼承ります

ご依頼を受けての開催も可能です。日程と報酬の調整次第では日本国内に限らず開催でき、教育機関や医療機関の特別プログラムとしてアレンジも可能です。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。開催の必要条件は以下のとおりです。

言語

英語・日本語
(通訳不要)

所要時間

2時間
(短縮・分割も可能です)

催行人数

4名~会場の定員
(上限はありません)

対象年齢

4歳〜

必要な設備

・静かな空間
・スクリーン
(または白い壁・ホワイトボードなど)
・コンセント(約400W使用)
・映写面が見えやすい位置に人数分の椅子
・エアコン(現地の気候次第)

必要な
スタッフ

・受付
・写真撮影
・動画撮影
※兼任でも結構です。ご相談ください

対価

目安 (EUR): €90,-* 以上
目安 (JPY): ¥9,000* 以上

* 参加者10名以下+スタッフ1名で換算。最低額以上の自由価格という形になり、会場費・会場までの交通費に応じて変化します。

お支払い
方法

クレジットカード (PayPal)

その他のオプション
クレジットカード(PayPal経由)の場合、メールでお送りするPayPal請求書の手順に従ってご入金ください。あなたのクレジットカード情報をこちらに伝えることなくお支払いしていただけます。

銀行振込
銀行振込の場合、メールでお伝えする振込先の銀行口座へお振り込みください。

現金
現金の場合、ワークショップ当日に開催地の通貨、EUR(ユーロ)、JPY(日本円)のいずれかでお支払いください。

開催のご依頼

Press Kit

Download[6.4MB zip]

- Thumbnail
- 10 pictures of the workshop

プレスキット

ダウンロード[6.4MB zip]

・音の教室トップ画像
・イベント開催中の写真10枚

You Can Organise

Anyone can organise, modify this lecture/workshop as long as you specify that the deviser is Kazune Koyama. Do not hesitate to contact us if you need any further information. This workshop is licensed under Creative Commons Attribution 3.0.

あなたも主催者に

このワークショップは、どなたでもご自由に開催することができ、内容をアレンジすることも可能です。ただし〈考案者:小山和音〉であることを明記してください。ご不明な点がありましたら、メールフォームよりお気軽にご相談ください。このワークショップはクリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植でライセンスされています。