Sound Academy™

A Hands-on Lecture on Sound

Available Worldwide This material is Open Knowledge

Sound Academy is a lecture to learn sound from A to Z by experience using your voice.

Do you know what sound is, what your voice looks like, or how to use microphones or speakers? If you don't, visit Sound Academy.

It's for anyone above 10 years old who have no knowledge about sound at all, and there is nothing difficult to understand - we use videos, audios and your voice as much as possible to help you learn.

音の教室™

「音」を学ぶ体験型講座

開催可 国際対応 This material is Open Knowledge

「音」について学ぶ体験型の講座です。

音ってなんだろう?あなたの声の特徴は?マイクやスピーカーの正しい扱い方は?───答えは音の教室で。

できる限り多くの動画・音声・体験を織り交ぜてあるので、音についての知識がゼロでも、10歳以上であればどなたでもご参加いただけます。

Upcoming

There is no upcoming lecture. Feel free to send me your request.

開催予定

現在、開催予定はありません。ご依頼を受けての開催も承っております。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。

What You Learn

Part One

60 min

What is Sound?

- Hands-on Straining Your Ears
- What is Sound?
- Why sound decays?
- Hands-on Low Tones and High Tones ...The cause of bothersome neighbourhoods
- Speed of Sound ...The reason for the sound delay of fireworks
- Hands-on Reflection ...Reverberation in a bathroom, mountains
- Hands-on Flutter Echo ...The reason for hearing strange sound when clapping hands
- Diffraction
- Refraction ...The reason for hearing distant sound at night
- Hands-on Sympathetic Resonance
- Hands-on The ingredients of Sound ..."Seeing" our voice
- Hands-on Masking ...The reason for difficulty when talking in a train or bus
- Karman Vortex ...The reason for hearing the howling of wind and skipping rope
- Doppler Effect ...The sound of an ambulance
- Cymatics ...A sound pattern
- Sonicboom ...Thunder
- Anechoic Chamber

Part Two

60 min

Sound and Human Beings

- How we hear
- Why do we have two ears?
- How we voice
- Hands-on Hearing Range and Speaking Range
- Hands-on The Mosquito ...Only young people can hear it
- Hands-on Aging and Hearing Sense
- Noise
- Hands-on Bone Conduction
- Reticular Activating System(RAS)
- Hands-on Cocktail Party Effect
- Hands-on Missing Fundamental ...hearing sound that doesn't exist
- Does music have a good effect on an unborn baby?
- Perfect Pitch / Relative Pitch
- Colored Hearing Synesthesia / Phonopsia
- Sound and Our Action
- Hands-on Relationship between sound and video
- Danger of Sound

Part Three

60 min

Technologies on Sound

- The Structure of Speakers
- Headphones
- Aging
- Stereophonic, Monaural, Surround, etc.
- Directivity
- LRAD (Long Range Acoustic Device)
- The Structure of Microphones
- Handling Acoustic Devices
- Hands-on Howling
- Noise Cancelling
- Hands-on Compressor / Limiter
- Hands-on Pitch Shifter

Part Four

20 min+

Questions and Answers

Got any questions? I'll answer those to the extent I know.

当日の流れ

第1部

60分

音ってなんだ?

実践 今、どんな音が聞こえますか?
・音って何?
・音はなぜ弱まっていく?
体験 近所迷惑を防ぐには?[低い音、高い音]
・どうして花火の音は遅れて聞こえるの?[音速]
体験 やまびこ、お風呂場の音のしくみ[反響/反射]
体験 手を叩くと変な音が聞こえる[フラッターエコー]
・遮音壁があっても音が漏れるのはなぜ?[回折]
・夜、遠くの音が聞こえやすいのはなぜ?[屈折]
体験 怪奇現象の正体?[共鳴/共振]
体験 あなたの声を「見て」みよう[フォルマント]
体験 電車内で会話しづらいのはなぜ?[マスキング]
・なわとびの音はなぜ鳴る?[カルマン渦]
・通り過ぎる救急車の音[ドップラー効果]
・音がつくり出す模様[サイマティクス]
・もう雷なんて怖くない[衝撃波]
・ふだん聞いている音はウソの音?[無響室]

第2部

60分

音と人間

・音が聞こえるしくみ
・なぜ耳は二つあるの?
・声が出るしくみ
体験 コウモリは超音波を出している?[可聴域と発音域]
体験 若者にしか聞こえない音?[モスキート音]
体験 歳をとるとこんな風に聞こえる[加齢と聴力]
・いくら美しい音楽でも雑音になる?[雑音と騒音]
体験 録音された自分の声が気持ち悪いのはなぜ?[骨伝導]
・自分の名前を呼ばれると目が覚める?[網様体賦活系(RAS)と空耳]
体験 うるさい場所で会話ができるのはすごいこと[カクテルパーティー効果]
体験 聞こえないはずの音が聞こえる[ミッシングファンダメンタル]
・「胎教」は効果があるの?[赤ちゃんが聞く音]
・ほとんど誰でも相対音感を持っている?[絶対音感/相対音感]
・色が聴こえる?[色聴]
・音を変えれば、売上げが伸びる[音と行動]
体験 音と映像の意外な関係[協合現象と共鳴現象]
・音って本当は危険?[音の危険性]
・聴力を失わないために[耳栓]

第3部

60分

音の技術

・身のまわりのスピーカー/マイク
・スピーカーのしくみ
・イヤホンという呼び方は存在しない?[ヘッドフォンの種類]
・スピーカーやヘッドフォンも「慣らし運転」が必要[エイジング]
・音の聞き方で呼び方が違う[ステレオ、モノラル、サラウンド、etc.]
・自分には聞こえて隣の人には聞こえない音を出すスピーカー[指向性]
・音で人を撃退する方法[LRAD(長距離音響装置)]
・マイクのしくみ
・数百万円の機材を弁償しないために[音響機器の取り扱い]
体験 マイクを持って「キーン」となるのを防ぐには?[ハウリング]
・音で音を消す技術[ノイズキャンセラー]
体験 テレビ、ラジオ、CDであたりまえの技術[コンプレッサー/リミッター]
体験 「音声は変えています」を体験[ピッチシフター]

第4部

20分+

質問タイム

講座の中でもう一度説明してほしいこと、さらに詳しく聞きたいこと、身の回りのこの現象って何?…など、お答えできる範囲でご質問を受け付けます。

Who it is For

Anyone above 10 years old who have no knowledge about sound at all.

For example, those who are involved in talking in front of people such as presentations or radio programmes, who teach or make music, or who are simply interested in.

こんな方に

音についての知識がゼロであっても、10歳以上であればどなたでも。

例えばプレゼンテーションやラジオなど人前で喋ることのある方や、音楽を人に教えたり音楽制作をする方、純粋に「音」に興味や関心をお持ちの方など。

What it is For

To understand and explore from the origins of sound to the complexities of it.

目的

「音楽」ではなく「音」そのものについてのひととおりの知識をつけるための講座です。

What to Bring

Things to take notes

持ち物

メモするもの

What People Say

いただいたご感想

面白かったし楽しかったです。なかなかこういうものが少ないので、良い経験になりました!動画や実演などであきさせない工夫が多数あり、熱意を感じた。

— 15 Sep 2012 Nagoya, Japan
— 2012/9/15 上前津(名古屋市)
”音”って普段触れているけれど、案外考えていなかったり、気付けてないものが沢山あるんだなって。楽しかったです!!

— 7 Jul 2012 Nagoya, Japan
— 2012/7/7 新栄(名古屋市)
中学の理科とかで音の波についてちらりと勉強したことはあったけれど、「音」についてもっと深く知る機会は今まで全くなかったので、どれもとても興味深く聞けました。

— 24 Aug 2012 Kumamoto, Japan
— 2012/8/24 上通(熊本市)
音について様々な角度から知ることができました。体験が多く、わかりやすかったです。日常の音を例にしたものが多かったので、身近で感じていたソボクな疑問を解消できました。

— 10 Aug 2012 Nagoya, Japan
— 2012/8/10 上前津(名古屋市)
身近すぎる、当たり前にある音についていろいろな角度からとらえたり、考えたりできて楽しかったです。音を「視覚化」した部分もとてもおもしろかった。これからの日常のいろいろで「おっ」と思うことが少し増えるかなぁと思うと、ちょっと嬉しいです。ありがとうございました。

— 10 Aug 2012 Nagoya, Japan
— 2012/8/10 上前津(名古屋市)
ラジオで喋る者として、源である”音”について知りたかったので参加しました。深いなという思いが、今一番感じていること。音も楽しむという観点で、もっとラジオを楽しくしていきたいなと感じました。

— 10 Aug 2012 Nagoya, Japan
— 2012/8/10 上前津(名古屋市)
今日は音を知ることから、人間の体の不思議とすごさを知りました。体の機能がもっとシンプルだったり、危険を察知する必要のない世界だったら、目や耳は1つだったかもしれないし、もっと危険な状況だったら、また別の体の仕組みができていたかもしれないと思うとおもしろかったです。

— 23 Nov 2012 Nagoya, Japan
— 2012/11/23 上前津(名古屋市)

I Can Organise It For You

I accept offers from anywhere in the world as far as I can handle my schedule and fee. It's also possible to alter the contents for special occasions such as educational or therapy programs. Check out the following requirement and feel free to ask me.

Language

English / Japanese
(no interpreter needed)

Duration

3 hours
(Can be shortened or split)

Capacity

4 people - No upper limit

Ages Admitted

10 years old and over

Equipments Needed

- Quiet room
- Screen (or white wall, white board etc.)
- Sockets (consuming approx. 400W)
- Chairs - AC (mid summer or winter, depending on climate)

Staffs Needed

- Receptionist
- Cameraperson (photo)
- Cameraperson (video)
* These don't always have to be separated.

Fees

Rough standard (EUR): €90* or higher
Rough standard (JPY): ¥9,000* or higher

* With participants below 10 and a staff, on "pay what you want" basis above the fee. Could be higher depending on venue fees and travel expenses to the venue.

Payment Methods

Credit Card (PayPal)

PayPal Acceptance Mark
If you pay with your credit card through PayPal, it would be done within just a few minutes following steps on a PayPal invoice that I send you by email. I will never know your sensitive financial details.

Bank Transfer
If you pay with bank transfer, you could make a payment into a bank account mentioned in an email I send you.

Cash
If you pay in cash, you could hand it to me on the day of the workshop in local currency, EUR(Euro), or JPY(Japanese Yen).

ご依頼承ります

ご依頼を受けての開催も可能です。日程と報酬の調整次第では日本国内に限らず開催でき、教育機関や医療機関の特別プログラムとしてアレンジも可能です。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。開催の必要条件は以下のとおりです。

言語

英語・日本語
(通訳不要)

所要時間

3時間
(短縮・分割も可能です)

催行人数

4名~会場の定員
(上限はありません)

対象年齢

10歳〜

必要な設備

・比較的静かな空間
・スクリーン
(または白い壁・ホワイトボードなど)
・コンセント(約400W使用)
・映写面が見えやすい位置に人数分の椅子
・エアコン(現地の気候次第)

必要な
スタッフ

・受付
・写真撮影
・動画撮影
※兼任でも結構です。ご相談ください

対価

目安 (EUR): €90* 以上
目安 (JPY): ¥9,000* 以上

* 参加者10名以下+スタッフ1名で換算。最低額以上の自由価格という形になり、会場費・会場までの交通費に応じて変化します。

お支払い
方法

クレジットカード (PayPal)

その他のオプション
クレジットカード(PayPal経由)の場合、メールでお送りするPayPal請求書の手順に従ってご入金ください。あなたのクレジットカード情報をこちらに伝えることなくお支払いしていただけます。

銀行振込
銀行振込の場合、メールでお伝えする振込先の銀行口座へお振り込みください。

現金
現金の場合、ワークショップ当日に開催地の通貨、EUR(ユーロ)、JPY(日本円)のいずれかでお支払いください。

開催のご依頼

Press Kit

Download[6.4MB zip]

- Thumbnail
- 10 pictures

プレスキット

ダウンロード[6.4MB zip]

・音の教室トップ画像
・イベント開催中の写真10枚

You Can Organise

Anyone can organise, modify this lecture/workshop as long as you specify that the deviser is Kazune Koyama. Do not hesitate to contact us if you need any further information. This lecture is licensed under Creative Commons Attribution 3.0.

あなたも主催者に

このワークショップは、どなたでもご自由に開催することができ、内容をアレンジすることも可能です。ただし〈考案者:小山和音〉であることを明記してください。ご不明な点がありましたら、メールフォームよりお気軽にご相談ください。このワークショップはクリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植でライセンスされています。