Neutral Music Academy™

A Series of Workshops to Discover Music Inside You

H6 Beta In Preparation Worldwide This material is Open Content

Interested in music? Neutral Music Academy (NMA) is a totally unique way to get along with music.

Anyone can make sound, but...
But when it comes to music, we tend to think we should buy a musical instrumnet, learn how to play it, how to read music sheet, how to make music, and play it obeying music theory.

Why?
One of the reasons is that we tend to categorise ourselves into anything such as “musicians”, “listeners”, “professional”, “amateur”, “good”, “bad”, “right”, or “wrong”. But, that only matters in existing styles of music such as jazz or rock, and from a point of view of “neutral” music which doesn’t belong to any music, anything such as "right", "wrong", "good", "bad", "professional", "amateur", or music theory don't exist.

Then don't we need to buy any musical instrument?
We can answer to that question by thinking about what "musical instruments" are. We just call things to "make musical sounds" "musical instruments", and we basically don't recognise the difference when sounds of bass drums are replaced with a box full of blankets - which means if we are able to make sounds that we feel "music" with boxes or papers around us, they are absolutely called "musical instruments". In other words, everything around us could be a musical instrument, which exists everywhere and everyone can even make it, regardless of whether it was made as "a musical instrument". No matter what you regard as a musical instrument, you need to decide (invent) how to make sound because you are the first one to make music out of it.

What about "musical scores"?
We call things that represent "music" "musical scores", which means it doesn't have to be "five-line staffs" and even when there are some birds on a cable, that could also be a "musical score" as long as it has a function of "representing music". In other words, everything around us could be a musical score and everyone can also make it.

But we need to learn music, right?
Now you could be facing a big question, "what's music?". Unexpectedly, the definition of music is ambigious and subjective. You need to learn when you try to get into existing styles of music such as jazz or rock, however, in Neutral Music you can decide everything as there is no rules or what is right and wrong - this means you can play and make music as long as you can make sounds that you think "music". This is not about whether it's on music theory, but instead whether you feel it's music or not.

What you have is ignored
Music classes and music schools "teach" you music based on existing music ecosystem (music theory, musical scores, musical instruments...) because they think "you have nothing so you must learn". Nobody has doubt about it, but you could be learning existing music at great cost called "your original sense of music".

NMA helps you express it
NMA thinks "you already have" and try to help you express what you have. Existing music could be something that is holding music inside you. NMA is a way to get rid of that and meet true music that you originally have.

What do we do?
This is a series of workshops and lectures aimed at: thinking about yourself and music (Week 1), taking a walk together while listening to sound of the place (Week 2), learning the nature of sound or how sound affects human bodies (Week 3), learning how to make sound from a physical aspect to an electronic aspect (Week 4), creating your own musical instrument from scratch (Week 5), creating song(s) together (Week 6), creating song(s) individually (Week 7), and developing and sharing your ideas to apply your ideas to something else (Final Week). When you completed them, you would be considered to be what is called a “musician” who has everything which the other musicians gave up.

Who is it for?
It's for anyone who is interested in music. For example, those who haven't started learning music even though they are interested in, those who considering music education for your child(ren), those who gave up learning how to play musical instruments before. It's is for anyone who wants to be actively involved in music whether you are a “musician” or not. You don’t need any skills or experience in existing music at all. Don’t worry, you can make sound that you feel music with zero knowledge.

What is it for?
The purpose of NMA is to awaken potential of music inside every single person that does not belong to any existing style of music (“neutral music”). NMA is a collective project of 3 workshops that have no purpose: Invent Music, Sound Academy, and Earwalk for the purpose of releasing potential of your music, which Neutral Music Concept aims at. This is also an indefinite study and a incubation project that could be the origin of completely new cultures and styles of music. We will collect what we find out during the workshops into a new music theory by ourselves and keep it open to the world - which enables people to create their own “music” on a separated territory from existing music.

無形音楽学校™

あなたの本当の音楽に出会う連続ワークショップ

H6 新企画 準備中 国際対応 This material is Open Content

音楽に興味をお持ちですか?この無形音楽学校は、あなたが音楽と仲良くなるための非常にユニークな方法です。

音は誰にでも出すことができます。ところが…
それが音楽となった瞬間、まず楽器を買って、その弾き方や楽譜の読み方、曲の作り方などを習い、音楽理論に沿った演奏をしないといけないと考えがちです。

なぜでしょうか?
その大きな原因の一つに、世の中の音楽が「音楽家」「聴き手」「プロ」「アマチュア」「上手い」「下手」「正しい」「間違い」という分類や評価によって形式化されているということがあります。しかしそれはあくまでもジャズやロックなど「かたちのある音楽」の中での話であって、そのような枠組みの中にはない「音楽」つまり「かたちのない(無形)音楽」という世界には正解も間違いも、上手いも下手も、プロもアマチュアも、学ぶべき音楽理論も最初から存在しません。

では、楽器を買う必要はないのでしょうか?
その答えは、そもそも「楽器」とは何かを考えればすぐに分かります。私たちは『「音楽」を奏でる道具』を「楽器」と呼んでいるにすぎませんが、例えばいわゆる「楽器」として作られた道具であるバスドラムの音を、中に毛布を詰めたダンボール箱の音と入れ替えても違和感を感じないどころか、音だけ聞いている限りそれに気づくことがありません。ということは、その辺に転がっている箱や紙切れを使って「音楽」だと感じる音を出すことができたなら、それは立派な「楽器」となります。つまりそれは『「楽器」として作られたかどうか』ではなく私たちの感覚と捉え方の問題であって、音の出る物体はすべて「楽器」になる可能性があり、それは身の回りにあふれているどころか誰にでも作ることができます。どんな物を「楽器」とするにせよ、もちろんその物体の「鳴らし方」は存在しないので、それを使う人がすべて考えて決めることができます。

「楽譜」はどうでしょうか?
そもそも『「音楽」を表したもの』を私たちは「楽譜」と呼んでいますね。ということは「音楽を表す」という機能さえ果たしていれば何も五線譜である必要はなく、電線に鳥がとまっている風景だって楽譜になりうるということです。つまりこれも身の回りにあふれているどころか、誰にでも作れてしまいます。

「音楽」をやるためには勉強や練習が必要なのでは?
ここまで考えると、「音楽って何だ?」という疑問が膨れ上がってくるかもしれません。「音楽」というとちゃんとした定義があるように思われがちですが、意外と曖昧で人それぞれの捉え方に左右されるものです。ジャズやロックなど「かたちのある」音楽を真似るには勉強や練習が必要ですが、そのようにあたかも世界のすべてであるかのように扱われている音楽も、実は世界の限られた地域で発展し、のちに政治的・商業的な背景があって世界中に普及した一つのスタイルにすぎません。そのような音楽からは独立した「かたちのない(無形)音楽」には最初からルールも正解も存在しないため、あなたがすべてを作っていくことができます。ということは自分の出す音が自分の中での「音楽」になりさえすれば、あなたも「音楽を演奏できる」ということになります。つまりこれも「音楽理論に基づいた音楽かどうか」ではなく「あなたが音楽と感じるかどうか」という、感覚の問題ということです。

あなたが持っているものは無視されています
音楽の授業や音楽学校、音楽教室では「あなたは何も持っていないのだから学ぶべきだ」という前提で、いきなり既存の楽器や音楽理論ありきで話を進めます。一見あたりまえのように思われがちなこの方法の中で、あなたは本来持っていたはずの音楽の感覚という巨大すぎる代償を払っています。

無形音楽学校はそれを尊重し、育てます
無形音楽学校では「あなたはすでに持っている」と考え、それを少しでも多く、そのままのかたちで表に出す(表現する)お手伝いをします。世の中の音楽があなたの中に眠っている音楽を上から押さえつけているとしたら、それを取り除いてあげたとき、初めてあなたが本来持っていた音楽に出会えるかもしれません。

どんなことをやりますか?
この無形音楽学校は、まず自分自身や音楽そのものについて考え(1週目)、耳をすませて外を歩き(2週目)、音の性質や音がヒトに与える影響について学び(3週目)、音の出る物理的・電気的なしくみを学び(4週目)、楽器をゼロから考えて創り(5週目)、みんなで曲を創り(6週目)、それぞれに分かれて曲を創り(7週目)、学んだこと・わかったことを応用する(最終週)という8回にわたるプログラムです。これをを修了したあなたは世の中で言うところの「音楽家」、ただし世の中の「音楽家」が妥協してしまったものをすべて持った「音楽家」になるでしょう。

どんな人に向いていますか?
音楽に興味のある方ならどなたでも。例えば、今まで音楽に興味はあったけど踏み出せなかった方、お子さんの教育に音楽を取り入れたい方、以前楽器を習っていたがやめてしまった方など。今まで「音楽家」だった人もそうでなかった人も、能動的に音楽に関わりたいと思う気持ちさえあれば、あらゆる人が参加できるコンセプトです。世の中で「音楽」とされているものの知識や経験は一切必要ありません。ご心配なく、それでも「音楽」だと感じられる音を出すことができます。

何のためのワークショップですか?
あなたの中にある世界中のどの音楽にも属さない「かたちのない音楽(無形音楽)」に出会うためのワークショップです。無形音楽学校は音楽をつくる音の教室音さんぽの3つを、無形音楽コンセプトが目指す「音楽の可能性を解き放つ」という目的のために編成し直したものです。これらは無期限のオープンな研究プロジェクトでもあり、文化さえ生まれる可能性を持ったプラットフォームでもあります。無形音楽学校で発見できたことは独自の音楽理論として自分たちの手でまとめていき、世界の人々へ発信することで、それを受け継いだり、独自の解釈を加えたりする人々が、既存の「音楽」とは違った領域に自分たちで「音楽」を作り上げていくことができます。

Upcoming
There is no upcoming workshop. Feel free to send me your request.
開催予定
現在、開催予定はありません。ご依頼を受けての開催も承っております。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。

Programme

Week 1
2 hours
Indoors
Organise Your Mind

First, you will write down or draw the background of your life (only what you can share with others). Next, you will think what is music for you and share your ideas with your group listening to some audio clips to find your own border between “music” and “sound”. Then develop what and how you want to express while watching some videos to forget and think again about music, and looking at some studies showing the connections between music and human beings.

Week 2
3 hours
In & Outdoors
Open Your Ears

Take a walk through urban areas or nature while listening to sound of the place, with worksheets on your hands. Whether talking with someone or playing music, you are always hearing sound as long as your hearing sense is working. This indicates that we definitely need to hear in order to make sound just as you want to - conversely, by deepening and enriching the behaviour called “hear”, the sound you make might get much closer to what you intend.

Week 3
3 hours
Indoors
Know About Sound

Learn the nature of sound or how sound affects human bodies using your voice to help you forget and think about music again. Apart from music, sound is something we can learn as this is just a phenomenon/fact.

Week 4
3 hours
Indoors
Learn How to Make Sound

Learn how to make sound from a physical aspect such as structures of traditional instruments from all over the world to an electronic aspect such as audio processing on computers. If you use your body as an instrument, you can skip the week 4 and 5.

Week 5
2 hours
Indoors
Design & Make Your Own Instrument(s)

While making use of what you learned on the week 4, make your own musical instrument(s) using 3D printers, laser cutters, or through programming on your computer.

Week 6
2 hours
Indoors
Create Song(s) Together

Using your own instrument(s) created on the week 5 and music sheet that you invent if necessary, finally create song(s) in group works. Then try improvisation - make sound together without any arrangements, in order to seek something in a situation without music sheets and songs. On this stage, you don’t have to limit yourself in music and move your body or draw pictures if you want.

Week 7
2 hours
Indoors
Create Song(s) Individually

Repeat the same step as the week 6, individually this time. Invent your own music sheet if necessary, create song(s), and try improvisation.

Final Week
2 hours
Indoors
Develop Your Idea

Don’t spoil the time you spent with NMA. It’s now your turn to develop and share your ideas with those who don’t know about NMC or to apply your ideas to something else. Repeat the week 6 with the same members? Organise an interactive live concert inviting much more people? Let children do what you have done as education? Organise your own workshop to share what you are good at? It could be anything. It’s up to you.

プログラム

1週目
2時間
屋内
頭の整理をする

まず、そもそも自分はどのようなバックグラウンドを持っていて、どのような流れで今に至るのかを整理します(他の参加者と共有したいものだけ書き出します)。そして自分にとって「音楽」とは何かを考えてグループで共有し、いくつかの音声を聴いて「音」が「音楽」になる自分なりの境界線を見つけます。それらを踏まえた上で、音楽について考え直す上でヒントになりそうな世界から集めた動画や、科学的に証明されている音楽と人間の関係性のレポートを見つつ、自分なら何をするか、そのために何が必要かを考えていきます。

2週目
3時間
屋内+屋外
耳をひらく

ワークシートを片手にグループを組み、耳をすませて街や自然の中を自由に歩きます。これは要するに音に対して受動的になるということですが、会話にしろ音楽にしろ、あなたの聴覚が生きている限り、あなたは常に自分の出す音(声)を聴いています。つまり自分が思った通りに音を出すため、そして言葉ではない音で会話をするためには「聴く」という行為がどうしても必要になる─────逆に言えばこの「聴く」という行いを深めることで、あなたの出す音は、よりあなたが思っている通りの「音楽」に近づくかもしれないということです。

3週目
3時間
屋内
音を学ぶ

「音」の性質についてや、音が人間にどう影響するかについて、ゼロから体験しながら学びます。「音」は「音楽」と違って物理現象という事実であるため、学ぶ(知識として取り入れる)ことができます。無形音楽コンセプトが目指すものの一つ「独立」、つまり「音楽」をゼロから考え直すにあたって、「音楽」の核となる「音」についてひととおりの知識をつけるための時間です。

4週目
3時間
屋内
しくみを学ぶ

世界中の楽器の構造からコンピュータ上の音声処理まで、音を出すために必要になる物理的・電気的なしくみをゼロから学びます。ご自分の身体が楽器ならば、すでに4・5週目のステップは完了しているため、再び6週目からの参加でも構いません。

5週目
2時間
屋内
楽器を創る

4週目の内容を参考にしながら自分に合う「楽器」をゼロから考えて創ります。3Dプリンターやレーザー加工機での物理的な加工からコンピュータ上でのプログラミングまで、思い思いの方法で自分なりの「楽器」を創ります。

6週目
2時間
屋内
みんなで曲を創る

5週目で創ったあなただけの「楽器」を使い、必要であればこの場でしか通用しない新しい楽譜をゼロから考えて創り、最終的に「曲」を創り、実演してみます。そしてその後「楽譜」と「曲」抜きの可能性を探るために、決め事を一切しないで音を出し合う「即興演奏」を試してみます。さらに言えば、なにも「音楽」に限定して物事を考える必要はありません。身体を動かしたくなれば動かし、絵を描きたくなれば描き、自分の「表現」の行き着く先を探ってみてください。

7週目
2時間
屋内
それぞれ曲を創る

6週目は常に人が関わっていましたが、今度はすべて自分で決めて、同じく必要であれば楽譜をゼロから創り、最終的に「曲」を創って実演し、同じく即興演奏まで試してみます。

最終週
2時間
屋内
応用する

無形音楽学校での経験を過去の出来事として風化させてしまわないために、いまこの場にいない人に伝えたり、別のものごとに応用したりするためのアイディアを出し合います。6週目の内容を同じメンバーで定期的に繰り返して変化を観察するもよし、もっと多くの人を招いて「参加型のライブ」を企画するもよし、教育として「子どもだけ集めて同じことをやってみる」でもよし、自分の得意分野に置き換えてワークショップを企画してみるもよし。

Rules

1 : Abandon Stereotypes
Avoid having any kind of stereotypes or tacit understandings in existing music and try to think again from scratch.

2 : No Existing Instruments
Avoid bringing something from existing music such as the guitar or the percussion in order to prevent having a gap in skills on those instruments.

3 : Learn From Each Other
You and other participants don’t always have the same ideas. Take care of ideas, definitions or sense of music that is different from yours and try to learn something from them.

ルール

1 : 常識の放棄
ワークショップ中、世の中の音楽の世界で「常識」「ルール」などとされている考え方は避け、常に根本を問い直すように心がけてみてください。

2 : 既存の楽器の隔離
ギターやパーカッションなど世の中で「楽器」として作られたものには必ず「鳴らし方」が存在しますが、その「鳴らし方」によって生まれる技術の差が生まれてしまうのを避けるため、ワークショップ中、世の中の「楽器」を持ち込むことは控えてください。

3 : 学び合う
あなたと他の参加者が、同じ考え方を持っているとは限りません。ワークショップ内外を問わず、他の参加者の定義や考え方、価値観を否定せず、むしろそこから学び取ろうとする姿勢を大切になさってください。

What to Bring

Pen Things to take notes Rain gear Camera (if possible) Recorder (if possible)

持ち物

筆記用具 メモするもの 雨具 カメラ(可能であれば) レコーダー (可能であれば)

Notes

1 On the week 2, you are going to walk outdoors for hours. Please refrain from joining the workshop if you don't feel well. Make sure you wear warm enough in winter or protect yourself against heatstroke in summer.

2 On the week 2, never approach any dangerous place such as keep off areas or cliffs. Always be cautious about the situation around you rather than being absorbed in listening to sound or filling in worksheets. Your safety first.

3 Please note that I am not liable for any accident or loss during the workshop.

注意事項

1 2週目では屋外を長時間歩きます。当日体調が優れない場合は必ず参加を見送り、暑い時期は熱中症対策を、寒い時期は防寒を確実にしてください。

2 2週目では立ち入り禁止区域や崖など危険な場所には絶対に近づかないでください。路上を歩く際はワークシートや音を聴くことに気を取られずに、常に周囲の状況をよく確認しながら、ご自身の安全を最優先に行動してください。

3 ワークショップ中のあらゆる事故/紛失について、当方は責任を負いかねます。

I Can Organise It For You
I accept offers from anywhere in the world as far as I can handle my schedule and fee. It's also possible to alter the contents for special occasions such as educational or therapy programs. Check out the following requirement and feel free to ask me.

Language
English / Japanese
(no interpreter needed)

Duration
2 - 3 hours (depends on a week)
(Can be shortened or split)

Capacity
4 - 30 people

Ages Admitted
10 years old and over

Equipments Needed
- Quiet room
- Screen (or white wall, white board etc.)
- Sockets (consuming approx. 400W)
- Chairs
- AC (mid summer or winter, depending on climate)

Staffs Needed
- Receptionist
- Cameraperson (photo)
- Cameraperson (video)
* These don't always have to be separated.

Fees
Rough standard (EUR): €720* or higher
Rough standard (JPY): ¥72,000* or higher

* With participants below 10 and a staff, on "pay what you want" basis above the fee. Could be higher depending on venue fees and travel expenses to the venue.

Payment Methods
I accept the following payment methods.

bitcoin

If you pay with Bitcoin, you could make a payment into a Bitcoin address mentioned in an email I send you.

PayPal Acceptance Mark
If you pay with your credit/debit card through PayPal, it would be done within just a few minutes following steps on a PayPal invoice that I send you by email. I will never know your sensitive financial details.

Bank Transfer

If you pay with bank transfer, you could make a payment into a bank account mentioned in an email I send you.

Cash

If you pay in cash, you could hand it to me on the day of the workshop in local currency, EUR(Euro), or JPY(Japanese Yen).

ご依頼承ります
ご依頼を受けての開催も可能です。日程と報酬の調整次第では日本国内に限らず開催でき、教育機関や医療機関の特別プログラムとしてアレンジも可能です。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。開催の必要条件は以下のとおりです。

言語
英語・日本語
(通訳不要)

所要時間
2〜3時間(回により異なります)
(短縮・分割も可能です)

催行人数
4名~約30名
(スタッフの数によります)

対象年齢
10歳〜

必要な設備
・静かな空間
・スクリーン
(または白い壁・ホワイトボードなど)
・コンセント(約400W使用)
・映写面が見えやすい位置に人数分の椅子
・エアコン(現地の気候次第)

必要な
スタッフ
・受付
・写真撮影
・動画撮影
※兼任でも結構です。ご相談ください

対価
目安 (EUR): €720* 以上
目安 (JPY): ¥72,000* 以上

* 参加者10名以下+スタッフ1名で換算。最低額以上の自由価格という形になり、会場費・会場までの交通費に応じて変化します。

お支払い
方法
お支払いには以下のいずれかがご利用になれます。

bitcoin

ビットコインの場合、メールでお伝えする振込先のビットコインアドレスへお振り込みください。

その他のオプション
クレジットまたはデビットカード(PayPal経由)の場合、メールでお送りするPayPal請求書の手順に従ってご入金ください。あなたのクレジットカード情報をこちらに伝えることなくお支払いしていただけます。

銀行振込

銀行振込の場合、メールでお伝えする振込先の銀行口座へお振り込みください。

現金

現金の場合、ワークショップ当日に開催地の通貨、EUR(ユーロ)、JPY(日本円)のいずれかでお支払いください。

開催のご依頼

You Can Organise
Anyone can organise, modify this lecture/workshop as long as you specify that the deviser is Kazune Koyama. Do not hesitate to contact us if you need any further information. This workshop is licensed under Creative Commons Attribution 3.0.
あなたも主催者に
このワークショップは、どなたでもご自由に開催することができ、内容をアレンジすることも可能です。ただし〈考案者:小山和音〉であることを明記してください。ご不明な点がありましたら、メールフォームよりお気軽にご相談ください。このワークショップはクリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植でライセンスされています。