メニュー

S5 クラス

対象


9〜10歳
(日本の小学3〜5年)

形式


オンライン&マンツーマン

1回の長さ


60分
(お好みや進み具合に合わせて柔軟に調節可能です)

頻度


月に1〜4回
(お好みや進み具合に合わせて柔軟に調節可能です)

すべて税込(10%)価格です。

体験レッスン
¥0(初回60分のみ)
入会金
¥4,900(初回入会時のみ)
教科書
¥3,800(クラスごと)
月4回
¥5,518 / 60分(¥22,071 / 月)
月3回
¥5,842 / 60分(¥17,527 / 月)
月2回
¥6,167 / 60分(¥12,334 / 月)
月1回
¥6,491 / 60分 / 月
ご紹介割引
10%割引 / 1人

ご家族・ご友人などを紹介いただくと、ご友人はそれぞれの価格から永久に10%割引、ご紹介者さま本人は紹介(メンバー登録をされた方)1名につきそれぞれの価格から永久に10%割引いたします。

5名ご紹介いただくと永久半額、10名ご紹介いただければ永久無料になります。

教科書

第1章

読む

考える

音楽とは何か、考えたことはありますか?ほとんどの方は考えたことがないか、おそらく日本の音楽教育で扱われている音楽のことしか頭に浮かばないでしょう。しかし世の中には、音楽について考えさせられる事例がたくさんあります。この章では、みなさんの思い込みをリセットして、視野を一気に広げます。

 

第2章

読む

音を学ぶ

音を使った表現をする上で役立つ、音の性質やヒトという視点からみた音について自分の声で体験しながら学びます。

 

第3章

読む

音と電気とコンピュータ I

音楽表現のために必要な電気機器・電子機器(マイク・スピーカー・ヘッドフォン・ケーブルなど)の役割・しくみを学びます。

 

第4章

読む

音と電気とコンピュータ II

音楽表現のために必要な電気機器・電子機器の役割・しくみ(インピーダンス・ミキサー・コンピュータ・オーディオインターフェース・スタジオの作り方など)を学びます。

 

第5章

読む

耳をひらく

ワークシートを片手に耳をすませて街や自然の中を自由に歩きながら、好きな音や自分の表現に使いたい音素材を探して録音したり、楽器の材料を集めたりします。

 

第6章
準備中

プログラミングで表現する

オープンソース・無料の開発環境”Pure Data”を使って簡単なプログラミングをして、コンピュータを電子楽器として扱う方法を解説します。

 

第7章

読む

楽器をデザインする

身の回りにあるものや市販品から、自分に合う「楽器」をゼロから考えて作るためのお手伝いをします。

 

第8章
準備中

楽譜と曲を作る+即興演奏

作曲や即興演奏が簡単になる考え方・方法や、インスピレーションを得る方法を実践します。その後、完成した自分専用の楽器を使って新しく「楽譜」をデザインし、即興演奏(決め事をせずに音を出す)をしながら、最終的に「曲」を作ります。

アプリを使う場合
  • アプリを使う場合、作曲用アプリ「Koala Sampler」(¥490)をあらかじめご用意ください。iPhone、iPad、Androidのどれでも動作します。

 

第9章

読む

レコーディング

オープンソース・寄付制のDAW(音楽制作ソフト)”Ardour”を使って、録音した音声を重ねて簡単なレコーディングをする方法を学びます。

有料のアプリが必要です
  • 作曲用アプリ「Ardour」を使用するため、最低$1(約¥110)が別途必要です。Mac、Windows、Linuxのどれでも動作します。

 

第10章
準備中

公開する・収入を得る

作った作品を公開・販売して広めたり、ライブやメディアへ出演する方法について解説します。