logo 音楽家
English
日本語
メニュー
ニュートラル音楽コンセプト
創造的な音楽表現のための考え方

ニュートラル音楽コンセプト(NMC)は「上手い」「下手」「正しい」「間違い」などといった評価・判断によらず、楽器、楽譜、音楽理論、そして音楽そのものを自分たちでデザインして創ることにより音楽表現における創造性を最大限発揮させるための、小山和音によってまとめられた考え方です。

ニュートラル音楽コンセプトでは音楽を「かたちのある音楽」と「かたちのない音楽」の二つに分けて考えます。「かたちのある音楽」は受け継がれている音楽の文化、つまりそこには上手い・下手、正しい・間違い、良い・悪いなどという価値観や自然と継承・共有されてきた曲、楽器、楽譜、音楽理論などがありますが、「かたちのない音楽」はどの文化にも属さない(ニュートラル)、つまりそういった価値観や曲、楽器、楽譜、音楽理論などは存在しません

現代、少なくとも日本や欧米で生活していると「かたちのある音楽」の影響を受けることになりますが、ニュートラル音楽コンセプトはそれとは別に「かたちのある音楽」からの影響を可能な限り少なくした「かたちのない音楽」という新しい領域を作ります。

人類は、分かっているだけでも数万年に渡って様々な場所で様々な音楽文化を受け継いてきましたが、同時に上手い・下手、正しい・間違い、良い・悪いなどという価値観や曲、楽器、楽譜、音楽理論などという枠組みも自然と継承・共有されてきました。それはある音楽文化の「浄化」には役立ってきたかもしれませんが、同時に人それぞれの創造性を最大限発揮できない環境を作り上げてきたのかもしれません。ニュートラル音楽コンセプトでは、人間が作り上げた音楽文化によって忘れられた人間本来の音楽の感覚があるという仮定で、それを再発見することを目標とします。

ニュートラル音楽コンセプトは既存の音楽文化を否定するものではなく、むしろそこに応用できる考え方であり、さらには音楽という枠組みを越えて、生きていく上での物事の考え方・捉え方の選択肢を増やすものです。

オンラインの音楽学校「ニュートラル音楽院」やそれを2時間のワークショップにまとめた「音楽をつくる」小山和音によるプライベート音楽レッスンはこのコンセプトを基に作られています。

対象

このコンセプトは主に音楽教室や音楽学校、音楽の授業などの音楽教育に携わる方に向けたものであり、どなたでも自由に採用したり解釈し直したりすることができます。 このコンセプトを使ったレッスン・講義・授業・ワークショップなどへの参加者の年齢制限は特にありません。

原則

参加者の純粋で自然な感覚を守り、創造的・本能的な表現を促すため、以下の原則を設けています。

1 評価しない

音楽表現において以下のような評価・判断・分類が行われることはなく、これらが一般的な事実のように扱われるようなことはありません。また、「〜ですね」や「〜だと思いませんか」などと同意を求めることも行われません。

技術 上手い・上達・成功・下手
演奏者の「上手い・下手」といった技術的な評価は行われません。

クオリティ 良い・良質な・ちゃんとした・名曲・本物・悪い
音楽や演奏者に対する「良い・悪い」「名曲」「本物」といった評価は行われません。

正統性 正解・正しい・間違い・間違った・ミス
「正解」や「間違い」「ミス」といった判断は行われず、人それぞれが持っている音楽の感覚や定義、考え方、価値観が最優先とされています。

模範性 お手本・聴くべき・学ぶべき・聴くべきでない
参加者へ「お手本」「聴くべき」などといった「模範的」なものの提示は行われず、参加者へ提示されるものはすべて「参考」という位置付けになります。

才能 天才・凡人
「天才」や「凡人」といった「才能」の評価は行われません。

レベル 一流・偉大・初心者・入門・基礎
「一流・初心者」や音楽表現における「入門」「基礎」という分類は行われません。

音楽性・芸術性 音楽的な・芸術性の高い・音楽的でない・芸術性の低い
「音楽的かどうか」「芸術性の高さ」という評価は行われません。

枠組み 王道・常識・暗黙の了解・邪道
「常識」「暗黙の了解」といった枠組みはありません。

その他 素晴らしい
「素晴らしい」といった評価は行われません。

2 教えない

ニュートラル音楽コンセプトの下では、教師ではなく一人ひとりの表現をファシリテートする(妨げないように手助けする)ファシリテーターが進行役を務め、教えるのではなく参加者がすでに持っている音楽の感覚や表現をいかに引き出すかを重視します。

ファシリテーターも含めてすべての参加者は同じラインに立ち、相互に共有し合える環境を整えます。

3 自分たちで作る

既存の音楽文化を可能な限り介入させず、先入観を捨て、自分たちの力で音楽文化を創り上げていくことを重視します。そのため参加者が既存の音楽の知識や経験を持っているかどうかは関係なく、参加するにあたって必要とするものはありません。

独立性を保つため、なるべく既存の曲・楽器・楽譜・音楽理論・価値観などをこのコンセプト内に持ち込まず、まずは自分たちで創るという方向性が意識されています。