logo
Music Facilitator
音楽ファシリテーター

Press

Press Kit

Profile Pictures

Download 3.3MB ZIP

  • Profile picture: oblong (PNG, 2500x1000)
  • Profile picture: square (PNG, 2755x2755)
  • Profile picture: square (PNG, 1000x1000)
  • Biography (968 characters with spaces)

    Kazune Koyama is a Netherlands-based music facilitator from Japan who began improvising with the piano and composition right after he was born. He graduated from AMVOX (Tokyo, Japan) Composition/Arrangement Course and Koyo Conservatory (Nagoya, Japan) Jazz Piano Course. After his career as a musician and a composer, he started organising workshops to design and make acoustic musical instruments and sheet music from scratch and create a song without any knowledge and skill in music (Invent Music), a workshop using a system "Miohata" that produces sound samples from common objects rhythmically while recognising objects on a table, a hands-on lecture on sound (Sound Academy), a workshop to walk through nature or a city centre while listening to the sounds of the place (Earwalk), based on "Neutral Music Concept" which is aimed at exploring spontaneous and potential sense of music that human being has. He is also working on algorhythms that non-human generates music in order to embody a new domain of music, such as "Binaryosphere", a system to listen to a virtual ecosystem, and virtual musician that interacts and improvises with human.

    Biography (793 characters with spaces)

    Kazune Koyama is a Netherlands-based music facilitator from Japan. After his career as a musician and a composer, he started organising workshops to design and make acoustic musical instruments and sheet music from scratch and create a song without any knowledge and skill in music (Invent Music), a workshop using a system "Miohata" that produces sound samples from common objects rhythmically while recognising objects on a table, a hands-on lecture on sound (Sound Academy), a workshop to walk through nature or a city centre while listening to the sounds of the place (Earwalk), based on "Neutral Music Concept" which is aimed at exploring spontaneous and potential sense of music that human being has. He is also working on algorhythms that non-human generates music in order to embody a new domain of music, such as "Binaryosphere", a system to listen to a virtual ecosystem, and virtual musician that interacts and improvises with human.

    プレスの方へ

    プレスキット

    プロフィール画像

    ダウンロード 3.3MB ZIP

  • プロフィール画像 横長5:2 (PNG, 2500x1000)
  • プロフィール画像 正方形1:1 (PNG, 2755x2755)
  • プロフィール画像 正方形1:1 (PNG, 1000x1000)
  • プロフィール(541字 - 空白含めず)

    小山和音(こやま・かずね)オランダ在住、音楽ファシリテーター。生後すぐからピアノとコンピュータに触れ、即興で作曲を始める。AMVOX(東京都)作編曲科、甲陽音楽学院(名古屋市)ジャズピアノ専攻卒業。20歳頃まで演奏家・作曲家として活動を続け、以後、参加者自身の発想で創作した楽器と楽譜で既存の音楽知識や技術関係なく作曲をするワークショップ「音楽をつくる(英語版:Invent Music)」、テーブルの上に置いた物体を認識しながら手元の物体から出る音の録音をリズミカルに再生する自作のシステム「みおはた」を使った作曲ワークショップ、参加者自身の声で体験しながら音について学ぶ体験型講座「音の教室(Sound Academy)」、耳をすませて街や自然の中を歩くワークショップ「音さんぽ(Earwalk)」など、人間のもつ潜在的・本能的な音楽の感覚を発見するためのアプローチとして自身で提唱する「無形音楽コンセプト」に基づいたワークショップをヨーロッパおよび日本で多数開催。一方で仮想の自然界(生態系)を音として聴く「Binaryosphere」、相手の演奏を聴きながら即興演奏をする音楽知能など、人間ではない存在が音楽を生成するアルゴリズムを作成し、新しい音楽領域を具現化する試みも行う。

    プロフィール(433字 - 空白含めず)

    小山和音(こやま・かずね)オランダ在住、音楽ファシリテーター。20歳頃まで演奏家・作曲家として活動を続け、以後、参加者自身の発想で創作した楽器と楽譜で既存の音楽知識や技術関係なく作曲をするワークショップ「音楽をつくる」、テーブルの上に置いた物体を認識しながら手元の物体から出る音の録音をリズミカルに再生する自作のシステム「みおはた」を使った作曲ワークショップ、参加者自身の声で体験しながら音について学ぶ体験型講座「音の教室」、耳をすませて街や自然の中を歩くワークショップ「音さんぽ」など、人間のもつ潜在的・本能的な音楽の感覚を発見するためのアプローチとして自身で提唱する「無形音楽コンセプト」に基づいたワークショップをヨーロッパおよび日本で多数開催。一方で仮想の自然界(生態系)を音として聴く「Binaryosphere」、相手の演奏を聴きながら即興演奏をする音楽知能など、人間ではない存在が音楽を生成するアルゴリズムを作成し、新しい音楽領域を具現化する試みも行う。

    Apply for Interview

    You can send requests for giving an interview from anywhere in the world and we can discuss further details afterward. Please note that your request could not be accepted depending on the contents, interview date, and etc.

    Please include the followings if you know:

  • Media name
  • Media type
  • Covering country or region
  • Language
  • Desired interview date
  • 取材のリクエスト

    国・地域を問わず取材リクエストを送っていただけます。内容や時期によってはお応えできないこともありますがご了承下さい。取材をお願いする場合は追って詳細を調整する旨メールにてご連絡させていただきます。

    以下を明記していただけると幸いです。

  • メディア名
  • メディアの種類
  • 発信対象国または地域
  • 取材言語
  • 取材希望日時