logo 音楽家
English
日本語
メニュー

音の教室

「音」を学ぶ体験型講座

「音」について学ぶ体験型の講座です。

音ってなんだろう?あなたの声の特徴は?マイクやスピーカーの正しい扱い方は?───答えは音の教室で。

できる限り多くの動画・音声・体験を織り交ぜてあるので、音についての知識がゼロでも、10歳以上であればどなたでもご参加いただけます。

開催予定

現在、開催予定はありません。ご依頼を受けての開催も承っております。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。

当日の流れ

第1部
60分
音とは何か?

  • 実践 今、どんな音が聞こえますか?
  • 音とは何か?
  • 音はなぜ弱まっていくのか?
  • 体験 近所迷惑を防ぐには?[低い音、高い音]
  • なぜ花火の音は遅れて聞こえるのか?[音速]
  • 体験 やまびこ、お風呂場の音のしくみ[反響/反射]
  • 体験 手を叩くと変な音が聞こえる[フラッターエコー]
  • 遮音壁があっても音が漏れるのはなぜか?[回折]
  • 夜、遠くの音が聞こえやすいのはなぜか?[屈折]
  • 体験 怪奇現象の正体?[共鳴/共振]
  • 体験 あなたの声を「見て」みよう[フォルマント]
  • 体験 電車内で会話しづらいのはなぜか?[マスキング]
  • なわとびの音はなぜ鳴るのか?[カルマン渦]
  • 通り過ぎる救急車の音[ドップラー効果]
  • 音がつくり出す模様[サイマティクス]
  • 雷の音のしくみ[衝撃波]
  • ふだん聞いている音はウソの音?[無響室]
  • 第2部
    60分
    音と人間

  • 音が聞こえるしくみ
  • なぜ耳は二つあるのか?
  • 声が出るしくみ
  • 体験 コウモリは超音波を出している?[可聴域と発音域]
  • 体験 若者にしか聞こえない音?[モスキート音]
  • 体験 歳をとるとこんな風に聞こえる[加齢と聴力]
  • どんな音楽でも雑音になる?[雑音と騒音]
  • 体験 録音された自分の声が気持ち悪いのはなぜか?[骨伝導]
  • 自分の名前を呼ばれると目が覚める?[網様体賦活系(RAS)と空耳]
  • 体験 うるさい場所で会話ができるのはすごいこと[カクテルパーティー効果]
  • 体験 聞こえないはずの音が聞こえる[ミッシングファンダメンタル]
  • 「胎教」に効果はあるのか?[赤ちゃんが聞く音]
  • ほとんど誰でも相対音感を持っている?[絶対音感/相対音感]
  • 色が聴こえる?[色聴]
  • 音を変えれば、売上げが伸びる[音と行動]
  • 体験 音と映像の意外な関係[協合現象と共鳴現象]
  • 本当は危険な「音」[音の危険性]
  • 聴力を失わないために[耳栓]
  • 第3部
    60分
    音の技術

  • 身のまわりのスピーカー・マイク
  • スピーカーのしくみ
  • イヤホンという呼び方は存在しない?[ヘッドフォンの種類]
  • スピーカーやヘッドフォンも「慣らし運転」が必要[エイジング]
  • 音の聞き方で呼び方が違う[ステレオ、モノラル、サラウンド、etc.]
  • 自分には聞こえて隣の人には聞こえない音を出すスピーカー[指向性]
  • 音で人を撃退する方法[LRAD(長距離音響装置)]
  • マイクのしくみ
  • 数百万円の機材を弁償しないために[音響機器の取り扱い]
  • 体験 マイクを持って「キーン」となるのを防ぐには?[ハウリング]
  • 音で音を消す技術[ノイズキャンセラー]
  • 体験 テレビ、ラジオ、CDであたりまえの技術[コンプレッサー/リミッター]
  • 体験 「音声は変えています」を体験[ピッチシフター]
  • 第4部
    20分+
    質問タイム

    講座の中でもう一度説明してほしいこと、さらに詳しく聞きたいこと、身の回りのこの現象って何?…など、お答えできる範囲でご質問を受け付けます。

    こんな方に

    音についての知識がゼロであっても、10歳以上であればどなたでも。例えばこのような方に:

  • プレゼンテーションやラジオなど人前で喋ることのある方
  • 音楽を人に教えたり音楽制作をする方
  • 純粋に「音」に興味や関心をお持ちの方
  • 目的

    「音楽」ではなく「音」そのものについてのひととおりの知識をつけるための講座です。

    持ち物

  • メモするもの
  • いただいたご感想

    面白かったし楽しかったです。なかなかこういうものが少ないので、良い経験になりました!動画や実演などであきさせない工夫が多数あり、熱意を感じた。

    — 15 Sep 2012 Nagoya, Japan
    — 2012/9/15 上前津(名古屋市)
    ”音”って普段触れているけれど、案外考えていなかったり、気付けてないものが沢山あるんだなって。楽しかったです!!

    — 7 Jul 2012 Nagoya, Japan
    — 2012/7/7 新栄(名古屋市)
    中学の理科とかで音の波についてちらりと勉強したことはあったけれど、「音」についてもっと深く知る機会は今まで全くなかったので、どれもとても興味深く聞けました。

    — 24 Aug 2012 Kumamoto, Japan
    — 2012/8/24 上通(熊本市)
    音について様々な角度から知ることができました。体験が多く、わかりやすかったです。日常の音を例にしたものが多かったので、身近で感じていたソボクな疑問を解消できました。

    — 10 Aug 2012 Nagoya, Japan
    — 2012/8/10 上前津(名古屋市)
    身近すぎる、当たり前にある音についていろいろな角度からとらえたり、考えたりできて楽しかったです。音を「視覚化」した部分もとてもおもしろかった。これからの日常のいろいろで「おっ」と思うことが少し増えるかなぁと思うと、ちょっと嬉しいです。ありがとうございました。

    — 10 Aug 2012 Nagoya, Japan
    — 2012/8/10 上前津(名古屋市)
    ラジオで喋る者として、源である”音”について知りたかったので参加しました。深いなという思いが、今一番感じていること。音も楽しむという観点で、もっとラジオを楽しくしていきたいなと感じました。

    — 10 Aug 2012 Nagoya, Japan
    — 2012/8/10 上前津(名古屋市)
    今日は音を知ることから、人間の体の不思議とすごさを知りました。体の機能がもっとシンプルだったり、危険を察知する必要のない世界だったら、目や耳は1つだったかもしれないし、もっと危険な状況だったら、また別の体の仕組みができていたかもしれないと思うとおもしろかったです。

    — 23 Nov 2012 Nagoya, Japan
    — 2012/11/23 上前津(名古屋市)

    ご依頼承ります

    ご依頼を受けての開催も可能です。日程と報酬の調整次第では日本国内に限らず開催でき、教育機関や医療機関の特別プログラムとしてアレンジも可能です。ご依頼フォームから、お気軽にご相談ください。開催の必要条件は以下のとおりです。

    言語
    英語・日本語
    (通訳不要)

    所要時間
    3時間
    (短縮・分割も可能です)

    催行人数
    4名~会場の定員
    (上限はありません)

    対象年齢
    10歳〜

    必要な設備
  • 比較的静かな空間
  • スクリーン
  • (または白い壁・ホワイトボードなど)
  • コンセント(約400W使用)
  • 映写面が見えやすい位置に人数分の椅子
  • エアコン(現地の気候次第)
  • 必要な
    スタッフ
  • 受付
  • 写真撮影
  • 動画撮影
  • ※兼任でも結構です。ご相談ください

    対価
    目安 (EUR): €90* 以上
    目安 (JPY): ¥9,000* 以上

    * 参加者10名以下+スタッフ1名で換算。最低額以上の自由価格という形になり、会場費・会場までの交通費に応じて変化します。

    お支払い
    方法
    カード Visa PayPal
    Maestro PayPal
    Discover PayPal
    American Express PayPal
    JCB PayPal
    PayPal残高 PayPal
    銀行振込
    ヨーロッパから オランダの口座へ
  • iDEAL
  • Sofort
  • 銀行振込(IBAN)
  • 日本から 日本の口座へ
  • 銀行振込
  • 開催のご依頼

    以下を明記していただけると幸いです。
  • 会場について(都市・国または地域)
  • 開催日
  • 開催言語
  • 持ち時間
  • 対象年齢層
  • 予想参加人数
  • ご予算
  • お名前
    メールアドレス
    件名
    内容
    この画像に書かれている文字を入力してください CAPTCHA Image
    別の画像を表示

    プレスキット

    ご希望の場合はこちらからご連絡ください。

    あなたも主催者に

    このワークショップは、どなたでもご自由に開催することができ、内容をアレンジすることも可能です。ただし〈考案者:小山和音〉であることを明記してください。不明な点がありましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。このワークショップはクリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植でライセンスされています。