logo logo 音楽家
English
日本語

【音楽の著作権】自作の曲を二次創作で広めてもらう方法

公開 2016年1月31日
更新 2022年8月10日
thumbnail

これまで、人が生み出した作品は著作権ですべて保護されているもの(コピーライト、いわゆる”All rights reserved”)と保護されていないもの(パブリックドメイン)に分けられていました。例えばあなたが曲を作ったとすると、私はその曲を無断で使用することができません。これがコピーライトです。

もくじ

著作権の問題・デメリット

この権利はあなたの死後50年が経過するか、あなた自身が権利を放棄しない限りは適用され続けます。死後50年が経過、あるいはあなたが権利を放棄した場合はパブリックドメインという扱いになり、誰でも自由にあなたの曲を利用することができるようになります。

つまりあなたが著作権を放棄しない限りあなたの曲は自動的にコピーライトで守られるので、もし誰かがあなたの曲を気に入って、ラジオで放送したり、自分の映像作品と組み合わせたり、編曲・リミックスをしたいと思っても、まずあなたから許可をもらうために交渉する必要があります。

あなたが自分の曲をたくさんの人に聞いてもらいたいと思っていたとしても、コピーライトがその足かせとなってしまうということです。

このブログやワークショップ、講座でも説明のための画像や動画をよく探すのですが、著作権の問題なく使えるものを見つけるのは簡単ではなく、いつもコンテンツ作りに苦労しています。

せっかくわかりやすい動画があっても著作権表示が曖昧で、結局使えないということがよくあります。

クリエイティブ・コモンズ

このような問題の解決に立ち上がったクリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)は、作者の権利を守りつつ、世の中に出回る作品をスムーズに循環させるための、著作権の新しいかたちです。

アメリカ・カリフォルニア州マウンテンビューに本部をおく非営利団体クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)によって提唱・運営されています。

クリエイティブ・コモンズは、著作権ですべて保護された状態(コピーライト)と保護されていない状態(パブリックドメイン)のあいだに6種類のライセンスを作り、それぞれの条件に従うことで誰でも自由にそのライセンスの付いたコンテンツを利用することができるようになる、というものです。

これらのライセンスは、誰でも自由に自分のコンテンツ(音楽や動画、文章など)に対して適用することができます。

近年では二次創作が盛んなNFT作品に適したライセンスのかたちとして注目を浴びています。

ライセンスの種類

表示(BY)


原作者のクレジット(名前・作品タイトルなど)を表示すれば、改変や営利目的での二次利用ができる。クリエイティブ・コモンズのライセンスの中で最もゆるい(自由度が高い)。

表示-継承(BY-SA)


原作者のクレジットを表示し、改変した場合は元の作品と同じライセンス(このBY-SAライセンス)で公開すれば、営利目的での二次利用ができる。

表示-改変禁止(BY-ND)


原作者のクレジットを表示し、元の作品を改変しなければ営利目的での転載・コピー・共有ができる。

表示-非営利(BY-NC)


原作者のクレジットを表示すれば、非営利目的に限って改変や再配布ができる。

表示-非営利-継承(BY-NC-SA)


原作者のクレジットを表示し、非営利目的で、かつ元の作品と同じ組み合わせのライセンスであれば改変や再配布ができる。

表示-非営利-改変禁止(BY-NC-ND)


原作者のクレジットを表示し、非営利目的で、元の作品を改変しなければ再配布ができる。クリエイティブ・コモンズのライセンスの中で最も厳しい(自由度が低い)。

自分の作品にライセンスを付ける方法

ご自身の作品にクリエイティブ・コモンズのライセンスを付けるには、宣言するだけでOKです。

といっても、もう少しわかりやすくするために、クリエイティブ・コモンズがこちらのページにバッジを用意してくれています。

ホームページなどをお持ちでHTMLコードが使える場合、ライセンスを選択したあと「ウェブページをお持ちですか?」のところに表示されるコードをコピー&ペーストすると、バッジと文言が表示されます。

筆者の使い方

私の音楽作品は、個人利用であれば表示-非営利(BY-NC)、商用利用であれば表示(BY)ライセンスとしてあります。

つまり原作者が小山和音であることを表示すれば、誰でも自由に私の作品をダウンロードして自分の作品と組み合わせて公開したりしても(表示(BY)ライセンスの場合は販売しても)問題ありません。

さらに、こうしてウェブ上に載せる文章も著作権で保護されていることがほとんどですが、このブログの文章やkazunekoyama.comに載っている文章も、ページのいちばん下にあるとおり、クリエイティブ・コモンズの表示(BY)ライセンス、つまり引用元さえ表示すれば転載も編集も可能です。

まとめ

というようにクリエイティブ・コモンズは、「著作権があるかないか」だけの極端な世界を解きほぐして、原作者の権利は守りつつ世の中に出回る作品の可能性を広げてくれる存在です。

作り手も、自分の作品がどのように広がっていってほしいかを考えて作品ごとに適切なライセンスを付けることができます。

知られていない、あるいは気に留められていないがゆえに「とりあえず著作権で保護されてしまった」コンテンツであふれたこの世界。

クリエイティブ・コモンズという存在を選択肢に入れ、人々の意識が少し変われば、良い循環が生まれるのでは。

記事をシェアする

関連記事

筆者
profile

小山和音
こやま・かずね

音楽教育の新しいかたち作り(創造性と個性を最優先に、音楽を教えず、評価せず、楽器や楽譜を自分でデザインしてゼロから音楽をつくるオンラインの音楽教室)と、音の生まれるしくみ作り(周囲の条件に反応して音楽や音声をリアルタイムに生み出すシステム開発)。

お仕事のご依頼

詳しいプロフィール

カテゴリー


記事のテーマ


記事を探す


日付から探す


人気の記事

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom