logo 音楽家
English
日本語
メニュー

絶対音感は本当に必要なのか?絶対音感を持つ音楽家目線でまとめてみた

2018年1月23日

そもそも絶対音感とは何でしょうか?絶対音感というのは、聞こえた音の高さを何とも比べずに認識できる感覚のことです。

お子さんをお持ちの方や、将来の子育てを考えておられる方の中ではしばしば話題になる「絶対音感」。そもそも本当に必要でしょうか?適度な絶対音感を持ち、音楽家として活動してきた筆者の目線から振り返ってみます。

続きを読む

音楽教育、それで大丈夫?

2017年7月15日

今も昔も多くの人が日々「音楽の授業」、つまり音楽教育を受けています。しかしなぜそのようなものが存在するのでしょうか。そして音楽教育をする目的と照らし合わせたとき、何がベストな方法なのでしょうか?今回はそれをご一緒に考えていきましょう。

ここでは音楽学校や音楽大学などで行われる専門教育ではなく、日本の幼稚園〜高校の一般教育の中で行われている音楽の授業について扱います。

続きを読む

音響的な視点からみた、騒音への7つの対処法

2016年4月15日

騒音に悩まされているとき、音楽でかき消すのもひとつの手ですが、逆にこちらが近所迷惑になったり自分が耳を痛めたり、集中の妨げになってしまう可能性があります。当事者どうしの話し合いや訴訟などではなく、音響的な視点からみた7つの方法をまとめました。

続きを読む

音楽をやるには「楽器」が必要か?

2016年4月14日

音楽を始めたい、あるいは始めさせたいと思っていらっしゃる方へ。楽器店に足を運ぶ前にまず一度立ち止まって考えてみましょう。「楽器」とは何でしょうか?

ここではできるだけ広い解釈をして、「楽器」とは「音楽を演奏するための道具」であるという前提で話を進めます。

別の言い方をすれば、その物を使うことでただの「音」が「音楽」になるのであれば、どのような物も「楽器」になる可能性があるということです。

「楽器」という存在も機能上はただの「音を出す物体」です。つまり「楽器」と「楽器ではない物」は(機能上は)同じということになります。唯一違いがあるとすれば、それは「音楽を演奏するために作られたもの」が楽器と呼ばれ、そうでないものは楽器とは呼ばれていない、というところではないでしょうか。

続きを読む

そもそも「音楽」とは何か?

2016年4月10日

音楽って何?と聞かれたら、何と答えますか?

おそらくほとんどの方は、音楽家でさえ、このようなことは考えたことがないかもしれません。ここに着目する人がそもそもいないため、誰かからこのような質問をされることもなければ、考える必要もなかったのです。しかしすでにAIが作曲・演奏を手がけるようになっている現代、私たちは「創造性」や「人間ならではの表現」について問い直されています。その創造性や表現について考えるにあたって出発点となるのが、この「音楽とは何か?」という問いです。

続きを読む

音の聴き方 〜「音さんぽ」の現場から〜

2013年11月28日

音の聴き方。おかしな言葉です。
しかし、この言葉に意義が生まれるほどにまで、音は環境から分離されてきました。24時間365日聞こえているのに、「音」を私たちが意識することはなかなかありません。

続きを読む

筆者プロフィール
profile

小山和音(こやま・かずね)

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (6)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • 音響的な視点からみた、騒音への7つの対処法

  • 音楽教育、それで大丈夫?

  • パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

  • 南極・北極科学館オーロラシアターBGM担当