logo 音楽家
English
日本語
メニュー

音楽をやるには「楽器」が必要か?

2016年4月14日

音楽を始めたい、あるいは始めさせたいけど、楽器は高い…と思っていらっしゃる方へ。

まず一度立ち止まって、思い込みを捨ててみましょう。「音楽」とは何か?でも書いているとおり、そもそも「音楽」という存在自体が思い込みのかたまりである可能性があります。となると「楽器」という存在も、機能としてはただの「音を出す物体」ですね。しかし逆に「音が出ない物体」というものは何か思い浮かぶでしょうか?つまり日常生活において「楽器」と「楽器ではない物」は(機能上は)同じということになります。

音と音楽の境界線が人によって違うように、ただの物体と楽器の境界線も人それぞれということです。しかしこの動画のように、捉え方と組み合わせ方次第では日常生活の音がその境界線を超えて「音楽」になってしまうということもあり得ます。

他にもボールや、

クリーニング店にあるものなど。

もしあなたがこれを「音楽」だと感じるならば、必ずしも「音楽」をやるために「楽器として作られた楽器」を手に入れる必要はないと言えます。

このようなバケツや菜箸は、叩いて鳴らす楽器+それを叩くためのスティックであると解釈することもできます。

ここではごく一部の例だけ触れましたが、私が主催するワークショップ「音楽をつくる」ではさらに「音楽的」なことを追求して、一人ではできないことを参加者全員で協力して試してみることができます。子どもも大人も楽しめるワークショップなので、もう少し「音楽」の世界に踏み込んでみたい方はぜひお越しください。

これらを踏まえた上で「ちゃんとした楽器」の方がいい、という方はここで初めて楽器店へ足を運ばれるとよいでしょう。世の中に出回っている「楽器」は、このようなシンプルな現象からどんどん派生していったひとつの形にすぎないということを覚えていれば、結局楽器を買うことになっても、その先「練習」していくにあたっての心の持ちようがだいぶ違うはずです。

せっかく音楽を始めたいと思っても、特に日本ではピアノやギターやドラムというような「有名な楽器」の中から選ばないといけないような固定観念に囚われがちです。そしてその楽器が馴染めなかったり、自分で創っていく楽しさを感じられずに挫折してしまう。そのような有名な楽器は人口こそ多いですが、楽器単体として見たときには何万分の1かの選択肢でしかない、そして他に数えきれないほど選択肢があるということをどうか忘れないでください。

皆さんの中で何かヒントになれば幸いです。

記事をシェアする

関連記事

筆者プロフィール
profile

小山和音(こやま・かずね)

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (5)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • パーマカルチャー探訪記 #9 Rainbow Valley Community

  • 騒音への6つの対処法

  • 南極・北極科学館オーロラシアターBGM担当

  • 音楽教育、それで大丈夫?