logo 音楽家
English
日本語
メニュー

音楽をやるには「楽器」が必要か?

2016年4月14日

音楽を始めたい、あるいは始めさせたいと思っていらっしゃる方へ。楽器店に足を運ぶ前にまず一度立ち止まって考えてみましょう。「楽器」とは何でしょうか?

ここではできるだけ広い解釈をして、「楽器」とは「音楽を演奏するための道具」であるという前提で話を進めます。

別の言い方をすれば、その物を使うことでただの「音」が「音楽」になるのであれば、身の回りにある紙くず、コップ、テーブル、鍋、自転車、洗濯機など、どのような物であっても「楽器」になる可能性があるということです。もちろんあなたの身体や声も、例外ではありません。

つまり私たちが「楽器」と呼べる可能性のあるものはすでに身の回りにあふれているし、それらを組み合わせることで「楽器」を作ることは誰にでもできることなのです。

ここでのポイントは、その物体をどう捉えるかという意識の問題と、自分の出したい音をどう出すかという発想と知識の問題です。私たちは日々、この部分を楽器店という既存のシステムに投げると引き換えに、創造的になることができる絶好の機会を代償として払っています。

「楽器」という存在も機能上はただの「音を出す物体」です。つまり「楽器」と「楽器ではない物」は(機能上は)同じということになります。唯一違いがあるとすれば、それは「音楽を演奏するために作られたもの」が楽器と呼ばれ、そうでないものは楽器とは呼ばれていない、というところではないでしょうか。

楽器というものを考え直せる3つの例え

『そもそも「音楽」とは何か?』でも書いているとおり、音と音楽の境界線が人によって違うように、楽器と楽器ではないものの境界線も人それぞれです。しかし次の動画のように、捉え方と組み合わせ方次第では日常生活の音がその境界線を超えて「音楽」になってしまうということもあり得ます。

1. Beats of Boredom

ここでは膝を叩く音、電気のスイッチの音、ジッパーの音、CDトレイの開閉音、プリンターの起動音、ジャケットをこする音、掃除機の音、トースターの音、ワインの栓を開ける音、携帯電話のバイブレーター、スプレーの音など実にたくさんの音が使われていますが、聴いてのとおりどれも日常生活で聞こえてくる音です。

最後に出てきた女性に「What are you doing?(何やってるの?)」と聞かれて「Nothing(何も)」と答えるところが個人的にお気に入りです。なぜならここで鳴っている音はすべて日常生活の音の組み合わせなので、その音が「規則性を持った」こと以外は何ら日常生活と変わりがないからです。規則性を持った音は、そうでない音に比べて人間の中では特別であるということをこのシーンは物語っていると思います。

2. Gravity

こちらはバスケットボールやサッカーボール、テニスボール、卓球の球などをバウンドさせる音などを使っています。

3. Music From A Dry Cleaner

他にもクリーニング店にある機械音、パイプの音、ハンガーの音、洗濯機の音など。

もしあなたがこれらを「音楽」だと感じるならば、「音楽」をやるためには必ずしも「楽器として作られたもの」を手に入れる必要はないと言えます。

例えばこのようなバケツや菜箸は、叩いて鳴らす楽器+それを叩くためのスティックであると解釈することもできます。

自分で鳴らす音だけでなく、音さんぽで扱っているような、すでにそこにある音も素材として使うことができます。普段からそのような音に耳をすますことができるようになれば、それは「感受性が豊かになった」と言えるのではないでしょうか。

コンピュータを使う

上の動画はどれも鳴っている音を録音(録画)してコンピュータで編集していますが、必ずしも高価な機材は必要なく、お持ちのスマートフォンとパソコンで十分可能です。スマートフォンやパソコンが身近になった時代だからこそできる表現のひとつと言えるでしょう。

また、コンピュータを単に録音・編集の道具として使うだけでなく、コンピュータそのものを楽器にしてしまうことも可能です。というのはパソコンをバンバン叩けという意味ではなく、プログラミングをするということです。コンピュータから音を出すとき、その音が出てくるのはスピーカーですが、そのスピーカーというのは人間の声帯などとは違って、そのスピーカーが出せる音の範囲であれば理論上どのような音も(まだ人類が聞いたことのないような音でさえも)出すことができます。コンピュータを楽器にするということは、そのスピーカーをいかに操るかということでもあります。

コンピュータから音を出すというといわゆる電子音のようなものを想像されるかもしれませんが、現代では録音した音声の再生はもちろん、実際に現実世界で鳴っている音と区別がつかないような音をコンピュータの中で作り出すことすらも可能になっています。実際にこういった技術は音楽業界でもよく使われており、みなさんが普段聞いている音楽の中に使われている音は、録音した楽器の音ではなくコンピュータで作り出した音かもしれません。

つまり見方によっては、コンピュータを買うということは楽器を買うということでもある、ということです。

まとめ

ここではごく一部の例だけ触れましたが、ニュートラル音楽院プライベート音楽レッスンではこれらのことを踏まえた上で、コンピュータを使った音楽の作り方も含めて実際に自分が作りたい「音楽」を追求していきます。「楽器を作る」というと難しそうに聞こえますが、そもそも楽器とは何かを一度考えてみることで、音楽は実はこんなに身近なところにも存在したということを感じていただけると思います。

ここまで色々見聞きをしてみたけれどやはりピアノやギターなどの「ちゃんとした楽器」の方がいい、という方はここで初めて楽器店へ足を運ばれるとよいでしょう。ただしそのような楽器を選ぶことで、一定の創造性は犠牲にしてしまうという覚悟は必要です。世の中に出回っている「楽器」は、このようなシンプルな現象からどんどん派生していったひとつの形にすぎないということを覚えていれば、結局楽器を買うことになっても、その先「練習」していくにあたっての心の持ちようがだいぶ違うはずです。

ご存知のとおり楽器店に行くと、売られている楽器はどこでも同じです。ステージに立てばドラムやピアノが、楽器店に行けばギターやヴァイオリンがあり、商品として売られる曲に使われるのもありふれた楽器だけ、というような「標準」のようなものが出来上がり、あたかもこれが音楽のすべてであって、これを扱えないと音楽をやる資格はないと言わんばかりの威圧感すら醸し出しています。しかし上の例を見ていただいてわかる通り、これはいつのまにか従ってしまっている他人が決めた方法であり、音楽との関わり方の一つでしかありません。それに従わなければいけない決まりはないのです

ビジネスとして成り立っている楽器産業では、当然需要のある製品が作られています。その需要は、「音楽をやるには楽器を買わなければいけない」という私たちの思い込みの結晶といっても良いでしょう。そのような産業で作られた楽器を買うということは、世界に何百万、何千万人といる同じ楽器の奏者の一人となり、その楽器に依存するということでもあります。それは外から見れば、無限ともいえる人間の表現の可能性をあえてひとつの枠の中に閉じ込めているということになりますが、「出来合いの楽器を買う」という行動があまりにも当たり前になりすぎているために、ほとんどの人はここに疑問を持つことはないでしょう。

せっかく音楽を始めたいと思っても、特に日本や欧米ではこのようにピアノやギターやドラムというような「有名な楽器」の中から選ばないといけないような固定観念に囚われてしまい、その楽器が馴染めなかったり、自分で創っていく楽しさを感じられずに挫折してしまう。これは納豆が口に合わないからといってアジアの料理をすべて諦めるようなもので、非常にもったいないことです。そのような有名な楽器は人口こそ多いですが、楽器全体で見たときには何万分の1の選択肢でしかない、そして他に数えきれないほど選択肢があるということをどうか忘れないでください。

皆さんの中で何かヒントになれば幸いです。

記事をシェアする

関連記事

筆者プロフィール
profile

小山和音
こやま・かずね

オランダ在住の音楽家。「評価しない・教えない・自分たちで作る」にフォーカスしたオンラインの音楽学校、音声や音楽に特化したソフトウェア開発、音や音楽を扱うワークショップや講座、音楽レッスン、作曲・即興演奏などを本業としています。

詳しくはこちら

新規開講中

Neutral Music Academy logo

フィード

RDF / RSS 1.0
RSS 0.92
RSS 2.0
Atom

記事を探す


カテゴリー


  • お知らせ (30)
  • パーマカルチャー探訪記 (11)
  • エッセイ (8)
  • レビュー (2)
  • レポート (1)
  • 記事のテーマ


    日付から探す


    人気の記事


  • そもそも「音楽」とは何か?

  • 音響的な視点からみた、騒音への7つの対処法

  • ライブやスタジオで耳を守る「音楽用耳栓」3選

  • 音楽教育、それで大丈夫?

  • 絶対音感は本当に必要なのか?絶対音感を持つ音楽家目線でまとめてみた